「アレルギー性鼻炎」のレーザー治療はどんな人におすすめなのかを耳鼻咽喉科医が解説

「アレルギー性鼻炎」のレーザー治療はどんな人におすすめなのかを耳鼻咽喉科医が解説

アレルギー性鼻炎の治療選択肢の1つに、鼻の粘膜をレーザーで照射する方法があります。花粉症対策としても注目されている治療法ですが、適応範囲はあるのでしょうか。ほかにも選べる治療選択肢があるとしたら、どう判断するべきでしょう。この点を、「深谷耳鼻咽喉科クリニック」の深谷先生に伺ってみました。

即効性はあるが、永続性はない

編集部

花粉症の治療には、色々な方法がありますよね?

深谷先生

はい。飲む服用薬や点鼻・点眼薬、舌下免疫療法、レーザー治療などの外科的な方法があります。なお、アレルギー性鼻炎というくくりのなかに花粉症が含まれています。そして、今回のテーマである「アレルギー性鼻炎のレーザー治療」は、文字どおり“鼻炎対策”です。鼻水や鼻づまり、くしゃみに有効ですが、例えば花粉による目の諸症状には用いません。

編集部

レーザー治療は、具体的に何をするのでしょうか?

深谷先生

鼻の粘膜の一部を照射して焼きます。鼻の粘膜には花粉などの「センサー」が備わっていますので、このセンサーを効きにくくする仕組みです。花粉症の諸症状はアレルギー反応ですから、アレルギー原因物質に「反応しにくく」しているわけですね。

編集部

しかし、体の傷がそうであるように、粘膜も自動修復されませんか?

深谷先生

はい、いずれ自然治癒します。したがって、レーザー治療の持続期間は「平均で1~2年」と限定的です。一般に、若くて自己修復機能が強い人ほど持続しません。ただし、レーザー治療を繰り返して受けることは可能ですし、そのことによる合併症もほとんどありません。

編集部

即効性はどうでしょうか? 舌下免疫療法の場合、数年単位と聞きます。

深谷先生

外科的な処置なので即効性はあります。治療の効果が実感できる方の割合は、おおむね8割前後とされています。もっとも、花粉症の症状が強く出ているハイシーズンには、「かえって粘膜や免疫を刺激してしまう」ので用いません。年末から1月あたりのオフシーズンが“治療の受け時”でしょうか。花粉症の症状で困ってからご相談されても、できないことがあるのでご注意ください。

短期でも「薬要らず」が期待できる

編集部

一般的な「鼻づまり」は、全く別の話でしょうか?

深谷先生

アレルギーがなく、単に「鼻の中の形が曲がっていて鼻づまりを起こしやすい人」の場合、レーザー治療での解決は難しいでしょう。アレルギーによって鼻炎を生じさせていることが前提です。また、「鼻の中の形が曲がっていて、なおかつアレルギーの人」の場合、レーザーの先端が鼻の中に入れにくいため、治療効果は落ちます。

編集部

そもそも、手術が怖い人には向いていない方法ですしね。

深谷先生

そうですね。手術が怖い人は問合わせもしないでしょう。投薬療法や舌下免疫療法が治療選択肢になります。他方で、花粉症の薬を飲み続けることが煩わしくて、比較的“短期”でもいいので「薬要らず」になりたい、なおかつ手術に抵抗がない人であれば、レーザー治療を検討してみてください。

編集部

鼻のレーザー治療に年齢制限はありますか?

深谷先生

医学的にはとくにありませんが、幼いお子さんの場合、術中に嫌がって抵抗される場合があります。無理をしてでも施術するのか、いったん中止にするのかは保護者とご相談のうえになります。

編集部

年齢以外の禁忌があれば、教えてください。

深谷先生

リスクとして、血液をサラサラにする薬を飲んでいる人などが考えられるものの、「切開手術」ではないので“禁忌”というほどのことでもないでしょう。それでも、「口に血が入ると嫌だ」というのであれば、施術を見送ります。

関連記事:

ピックアップ

【体験談】「摂食障害で痩せて死んでいくのは嫌だった」
ヴィーガン食で不足しやすい栄養素を管理栄養士が解説 栄養不足の対策方法を紹介
「眠れない(不眠症)」と感じることはありませんか?医師が原因も解説!
「肺がん」になると現れる初期症状はご存知ですか?ステージについても解説!