「しゃっくり」を発症する原因はご存知ですか?医師が監修!

「しゃっくり」を発症する原因はご存知ですか?医師が監修!

横隔膜が、何らかの原因によって刺激されることで引き起こされるのが「しゃっくり」です。「ひっく、ひっく」と音が出て、止めたくてもなかなか止まらず困ってしまうこともあるでしょう。日常でもよく起こることなのであまり気にしないかもしれませんが、長引くしゃっくりにはさまざまな病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

今回はしゃっくりの症状や原因、検査や治療方法などを紹介します。

しゃっくりとは

しゃっくりとはどのような病気でしょうか?

正式名は「吃逆(きつぎゃく)」といいます。横隔膜の不随意運動によるもので、横隔神経・迷走神経・呼吸中枢が刺激されるために起こります。しゃっくりが起こるときに
横隔膜が急速に収縮し、胸腔の内圧が低下することで肺に急速に空気を吸い込むようになります。声帯が閉じ「ひっく」という音を発するのが特徴です

しゃっくりの症状は

しゃっくりはどのような症状が現れますか?

しゃっくりの症状は以下のとおりです。

「ひっく」という音が出る

長引いてなかなか止まらない

一度起こってもしばらくすると止まる

頻繁に起こる

心配がない症状

心配しなくてもいい症状とはどんなものですか?

しばらくするとしゃっくりが止まるような、48時間以内に自然に軽快するものを良性吃逆発作といいます。ほとんどのしゃっくりは、何の対処をしなくてもしばらくすれば治るので、その場合は心配しなくていいでしょう。

胸とお腹の仕切りの役目をしているのが「横隔膜」です。ドーム状の薄い筋肉でできた膜で、呼吸において重要な役割を持っています。その横隔膜が急に収縮することで起こるのがしゃっくり。一時的なしゃっくりは日常誰でも起こります。横隔膜への刺激や仕組みによるものなので、止まるまで少し様子をみましょう。

注意した方がいい症状

注意しなくてはいけない症状はありますか?

しゃっくりが長引いて止まらない場合は、注意しましょう。ごくまれに48時間以上続くものもあり、その場合は根本的な病気の可能性があります。48時間から1か月以内のものを持続性吃逆といい、1か月を超えるものを難治性吃逆といいます。

関連記事:

ピックアップ

【体験談】「摂食障害で痩せて死んでいくのは嫌だった」
ヴィーガン食で不足しやすい栄養素を管理栄養士が解説 栄養不足の対策方法を紹介
「眠れない(不眠症)」と感じることはありませんか?医師が原因も解説!
「肺がん」になると現れる初期症状はご存知ですか?ステージについても解説!