歯を10本抜いた、40日で体重30キロ増…役作りのエピソードがすごくてびっくりした俳優ランキング!

歯を10本抜いた、40日で体重30キロ増…役作りのエピソードがすごくてびっくりした俳優ランキング!

俳優は、役になりきるために日々さまざまな役作りをしています。プロセスは人それぞれですが、中には見た目を変化させたり、肉体改造を行ったりと、あまりにストイックなエピソードに驚かされることもしばしば。
そこで今回は、役作りのエピソードがすごくてびっくりした俳優は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 鈴木亮平
2位 三國連太郎
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「鈴木亮平」!

2006年に日本初の水着キャンペーンボーイに選ばれた鈴木亮平。同年にドラマ『レガッタ 君といた永遠』(テレビ朝日系)で俳優デビューし、以降は映画『HK 変態仮面』や大河ドラマ『西郷どん』(NHK)をはじめ、多くの話題作で主演を務めています。
そんな彼は、2015年公開の主演映画『俺物語!!』で巨漢の高校生を演じた際、体重を40日間で30キロ増量。推定体重120キロという原作のキャラクターに近づけるため、独自のトレーニングと食事プランで肉体改造を行い、話題となりました。
これまで役作りのために変動させた体重は総計100kgを超えるという鈴木亮平が、3位となりました。

2位は「三國連太郎」!

1951年公開の映画『善魔』でデビュー以降、さまざまな作品に出演し、『釣りバカ日誌』シリーズのスーさん役で国民的な人気を誇った三國連太郎。映画『美味しんぼ』では、息子で俳優の佐藤浩市と親子初共演を果たしています。
そんな彼は、30代前半で出演した映画『異母兄弟』で老人の役を演じました。役作りのために自身の健康な歯を10本抜いたエピソードは、今もなお語り継がれています。
監督としても名を残しており、映画『親鸞 白い道』では、「第40回 カンヌ国際映画祭」で審査員賞を受賞した三國連太郎が、2位となりました。

関連記事:

ピックアップ

かわいいと思う「市の名前」ランキング!3位 うるま市、2位 南アルプス市、1位は?
歴代の乃木坂46で最も演技がうまいのは? 西野七瀬、生田絵梨花、白石麻衣、1位は?
実は10年以上ブログを続けていると知って驚いた有名人ランキング!3位 富澤たけし、2位 千葉雄大、1位は?
背番号10が似合うサッカー日本代表の歴代選手ランキング!中村俊輔、香川真司、中山雅史、1位は?