「勝手にしなさい!」はNG!子どもを脅していませんか?親がやりがちな「脅す育児」とは?

「勝手にしなさい!」はNG!子どもを脅していませんか?親がやりがちな「脅す育児」とは?

3児のママ小児科医で、高円寺こどもクリニック院長の保田典子先生に「脅す育児」について教えていただきました。


こんにちは。小児科医の保田典子です。今回は「脅すような親の言葉」について。子どもに言うことを聞いてもらいたいために使ってしまいがちな「脅し言葉」と「脅す育児」について考えてみたいと思います。

やりがちな「脅し言葉」

よく親御さんたちが使いがちな「脅し言葉」として、例えば「オバケがくるよ! 鬼さんがくるよ!」だったり、「勝手にしなさい!バイバイ!」と言って、子どもを置いていこうとするようなものがあります。


このように「何かをしなかったら(したら)怖いことが起こる」という「脅し言葉」や、子どもを突き放すような言葉、つい使ってしまう親御さんも多いのではないでしょうか。このような言葉をなぜ使ってはいけないか、考えていきましょう。

「オバケがくるよ!」恐怖で行動を促しても長続きしません

人が行動をする動機として、「快を求める」か、「不快を避ける」パターンがあります。持続可能な方法は「快を求める」行動なので、鬼が来るという不快を避けるための行動は長続きしない可能性があります。


子どもがごはんを食べない、着替えてくれないといったとき、「ごはんを食べないと鬼が来るよ!」「着替えないとオバケ来るよ!」などと言うのは、子どもに恐怖心を植え付けるという意味でも良くないですが、結局「長続きしないしつけ」になってしまうので、親の狙いすら達成することができなくなってしまいます。

関連記事:

ピックアップ

義母から言われるキツイ言葉がしんどい!悩む日々だったけれど、ある日変化が…!
「…食べる?」同棲初日、彼が冷蔵庫を開けて予想外の行動にー!?
「もう、全部辞めよう」心中を洗いざらい訴えた私に夫が言った言葉の意味にあ然
古風で日本的「レトロネーム」ブーム!花モチーフが人気!女の子の名前で人気の漢字とは?