「ぶつけてないのにあざができる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

「ぶつけてないのにあざができる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

ぶつけてないのにあざができる時、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?Medical DOC監修医が考えられる病気や何科へ受診すべきか・対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

監修医師:
マイマイテイリ イマム(新宿アイランド内科クリニック 院長)

医師、医学博士。2009年新疆医科大学を卒業し、中国医師免許取得。2014年10月に血液悪性腫瘍の研究を志して、神戸大学大学院に入学。2019年3月に医学博士号と日本医師免許を取得。赤穂市民病院、亀田総合病院などを歴任後、2022年2月新宿アイランド内科クリニック院長に就任。内科全般の疾患を幅広く診療している。

「ぶつけてないのにあざができる」ときに考えられる病気と対処法

ぶつけた覚えがないのに「あざ」ができる病気にはいくつか原因があります。放っておいても問題がないものから、すぐに治療をしなくてはいけないものまでさまざまです。考えられる病気と対処法、治療法を解説していきましょう。

ぶつけてないのにあざができる症状で考えられる原因と治し方

まず、「あざ」といっても、色の違いにより赤あざ、青あざ、茶あざなどがあります。生まれつきか生後間もなく色の変化がある場合には、小児科や皮膚科で相談しましょう。
打ち身による内出血をあざと呼ぶこともあります。時期によって赤から紫、緑、黄色と変化します。わずかな外傷で出血する場合には出血しやすい素因があるかもしれません。若いのにあざを繰り返す、あざ以外にも歯肉から出血しやすい、鼻血がでやすいなどの場合には内科や血液内科にご相談ください。

ぶつけてないのに手にあざができる症状で考えられる原因と治し方

皮膚や皮下組織が弱い高齢者では、ぶつけた自覚がなく皮膚が擦れただけでも、皮下出血を起こしあざになることがあります。このようなあざは老人性紫斑(しはん)といい、特別な治療は要りません。老人性紫斑は手の甲や腕にできやすいですが、放置しても問題ありません。

ぶつけてないのに膝や足にあざができる症状で考えられる原因と治し方

膝も老人性紫斑が起こりやすい場所です。ただし、膝の腫れや痛みがある場合には注意が必要です。血友病 (けつゆうびょう)では膝関節などの関節内や皮下、筋肉内に出血を起こします。発症年齢が20−30歳と60−70歳にピークがありますので、若い人にも見られた場合には、注意しましょう。緊急性が高いので病院を受診してください。

ぶつけてないのに顔にあざができる症状で考えられる原因と治し方

ぶつけた自覚がなくても顔にできる青あざには太田母斑(おおたぼはん)があります。真皮のメラノサイトが増えるため青っぽいあざになります。後天性真皮メラノサイトーシスでは頬や鼻の近くに両側性に灰褐色のあざができます。肝斑(かんぱん)やシミとの鑑別が必要なこともあります。太田母斑も後天性真皮メラノサイトーシスも放置しても問題ありませんが、消すためにはレーザー治療が有効です。

ぶつけてないのに青あざができる症状で考えられる原因と治し方

肩にできる青あざは伊藤母斑といいます。蒙古斑(もうこはん)は生まれたばかりの赤ちゃんのおしりにあることが多く、年齢とともに消退します。お尻以外にできるものを異所性蒙古斑といいます。これらは放置しても悪性化することは少ないのですが、消したい場合はレーザー治療を行います。

ぶつけてないのに茶色のあざができる症状で考えられる原因と治し方

茶あざにはカフェオレ斑、扁平母斑、ベッカー母斑があります。
カフェオレ斑は生まれた時からあり、2-3歳までにはっきりした茶あざとしてわかるようになります。単発であれば扁平母斑とも呼ばれます。多発する場合には、神経線維腫症1型などの遺伝性疾患の合併を疑います。皮膚科や内科にご相談ください。ベッカー母斑は斑状の淡い褐色のあざと、その後の多毛が特徴的です。治療はレーザー治療や皮膚凍結療法などになります。

ぶつけてないのに赤色のあざができる症状で考えられる原因と治し方

赤いあざは赤血球の色で赤くみえる血管腫が原因です。イチゴ状血管腫は生後半年から1年ほどで増大しますが、その後多くは自然に消失します。一部で残って瘢痕化するため、7歳以降に残存している場合や、巨大なもの、耳や鼻、口周りにできて機能的な問題がある場合には治療が必要です。小児科、皮膚科、形成外科にご相談しましょう。

すぐに病院へ行くべき「ぶつけてないのにあざができる」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

発するあざや鼻血、歯肉からの出血など、易出血性がある場合は、内科・血液内科科へ

あざがさまざまな場所にできている場合や、皮下出血以外の場所に出血傾向を認めた場合は危険です。原因として血小板減少、出血時間の延長、凝固異常などを起こす白血病、血小板減少症、血友病、凝固異常症などが考えられます。すぐに内科に相談しましょう。

関連記事:

ピックアップ

インプラントの治療期間が短縮できる「抜歯即時埋入」とは? メリット・デメリットを歯科医が解説
「膝が痛い」と感じることはありませんか?医師が原因も徹底解説!
「膵臓がん」になると現れる症状や原因はご存知ですか?ステージについても解説!
生理痛はピルで軽減できる! 気になる効果や副作用は?