浮気の調査は自分でできる?探偵に依頼する方法と料金も解説

浮気の調査は自分でできる?探偵に依頼する方法と料金も解説

「パートナーが浮気してるか調査したい!」

「本気で浮気の調査するときは探偵に頼むべき?」

パートナーに浮気の疑惑を感じた場合、事実を確認したいという思いから、このような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

浮気の調査をするなら、相手に知られずに、しっかりとした証拠を集めることが大切です。なぜなら、相手に知られてしまうと調査に失敗する可能性が高いですし、証拠を確保できないと離婚や慰謝料請求が難しくなってしまうからです。

プロの探偵に依頼すれば、効率的な浮気調査が可能です。

しかし、どのような探偵を選べばよいのかが分からないでしょうし、費用も気になることでしょう。

そこで今回は、

相手に知られず自分で浮気調査をする方法
探偵の浮気調査にかかる費用
浮気調査を依頼する探偵の選び方

などについてご説明します。

本記事ではベリーベスト法律事務所および下記探偵事務所の監修のもとに弁護士が解説しますので、本格的な浮気調査をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

“今回の記事はベリーベスト法律事務所および下記の探偵事務所の監修で作成しました。”

RCL探偵事務所

http://rcl-tantei.com/

東京都港区三田2-7-15 1F

TEL:03-5730-2525

不倫について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

1、自分でできる浮気調査の方法

まずは自分でできる浮気調査の方法をご紹介しますが、その前に、簡単なチェックリストでパートナーが浮気している可能性を探ってみましょう。浮気をしている人には、行動や言動に典型的なパターンがありので、これをチェックするだけで、浮気しているかどうかが簡単に見破れることがあるのです。

以下の関連記事に、浮気を見破るためのチェックポイントを掲げてありますので、ぜひご確認ください。

結果はどうだったでしょうか?

パートナーの浮気が疑わしいようでしたら、以下の本格調査に移りましょう。

(1)携帯電話・スマホから浮気の証拠を押さえる方法

携帯電話・スマホは浮気相手とのコミュニケーションに使用される可能性が高いため、まっさきに調査すべきものといえます。

ただし、携帯電話・スマホにロックが設定してある場合があり、ロックを解除して調べるのは違法性の問題があります。

そこで、ここではロックが設定されていない場合に限定して、携帯電話・スマホの確認方法をご紹介します。

①メールの確認方法

メールを送信したり受信したりした内容をチェックすると、浮気相手や浮気現場に関する情報、パートナーと浮気相手とのやり取りの内容を知ることができます。

直接的な浮気の証拠というよりも、浮気の事実を推測させるような証拠を掴める場合が多いです。

メールを証拠として保存しておきたい場合は、表示された状態の携帯電話ごと写真撮影しておくといいでしょう。

②LINE(ライン)の確認方法

最近ではメールよりもLINEでメッセージのやり取りをする人が多く、浮気を発見するにはLINEのチェックは欠かせないといってもいいでしょう。

以下では、LINEのチェック方法について解説します。

ア)通知機能がオフになっていないか確認する

iPhoneとAndroidのどちらもトークが送信されてくると画面上に通知が表示されますが、この機能は個別にオフにすることができます。

LINEのトーク一覧をチェックして、浮気していると推測される内容が見つけた場合、右上のVボタンをタップすると通知がオフになっているかを確認できます。

通知がオフになっていれば、浮気の疑いの余地ありともいえますが、すべて通知オフにすることも可能なので浮気していると断定することはできません。

イ)浮気相手が非表示になっていないか確認する

非表示機能を使って浮気相手が表示されないようになっていることがあるので、チェックしましょう。

この機能を使えば、非表示設定している相手だけでなく、LINEを勝手に見る人にも情報がバレることがありません。

LINEの非表示リストをチェックして、トークをよくやり取りしている相手がいれば、その相手が浮気相手である可能性が高いでしょう。

ウ)トークの履歴を削除していないか確認する

用心深い人はトークを削除していることがあり、毎回のようにトークを削除していれば浮気をしている可能性はかなり高いでしょう。

トーク内容の確認だけでなく、トークを削除した履歴も確認するようにしましょう。

③SNSの確認方法

パートナーがツイッターやフェイスブックなどのSNSを使って浮気相手とコミュニケーションしていることもあるので、メッセージをチェックすることをおすすめします。

浮気相手や浮気現場の情報を知ることができるかもしれません。

④出会い系サイト・マッチングアプリの確認方法

出会い系サイトやマッチングアプリを利用して異性と出会い、浮気をする人も多いです。

インターネットの「お気に入り」に出会い系サイトが登録されていたり、携帯電話・スマホにマッチングアプリが入っていたら、それだけでも浮気している可能性が高いといえます。

具体的な証拠をつかむには、中を閲覧して、メッセージのやりとりの内容、送受信日時、相手に関する情報などを表示し、写真撮影しておきましょう。

⑤通話履歴の確認方法

特定の相手と頻繁に通話している場合は浮気相手である可能性があります。

ただし、名前を変えて登録している場合もあるので、通話している時間帯、回数、時間を確認して浮気相手かどうかを見極めます。怪しい登録者名があれば浮気相手の可能性が高いでしょう。

⑥動画・写真の確認方法

浮気の決定的証拠となる動画や写真のデータが保存してあることがあります。

裁判でも証拠として採用できる場合があるので、決定的な証拠となるデータは自分のパソコンや携帯電話へデータを転送して保存しておきましょう。

⑦調査する際の注意点

パートナーの携帯電話や・スマホを調査する際は、以下の点に注意が必要です。

ア)証拠価値

メール・LINEのトーク・SNSのメッセージなどは浮気をしていることを推測できるものですが、裁判において決定的証拠となるものではありません。

裁判の証拠にしたい場合は、映像や画像など決定的証拠となるものを用意する必要があります。

イ)バレないように

LINEのトークやフェイスブックのメッセージを閲覧するとわかる機能があります。

本人がまだ見ていないメッセージやトークをチェックする場合は、注意しなくてはなりません。

本人が閲覧したものだけをチェックするようにしましょう。

また、調べた携帯電話は元あった所へ戻して、触ったのがわからないようにしておく必要があります。

ウ)事前練習をしっかりとする

いきなりパートナーの携帯電話を操作して浮気しているかどうか調べないで、必ず事前の練習するようにしましょう。

自分の携帯や友人の携帯でしっかりと練習しておきます。

操作したのが見破られないくらいまで練習してから、パートナーの携帯を操作するようにしましょう。

エ)適切なタイミングで実行する

携帯電話を調べるタイミングを間違えると、パートナーに気付かれてしまいます。

パートナーが携帯電話を手放してもすぐに戻ってくると、バレでしまうでしょう。

パートナーが長時間にわたって携帯のことを意識しないタイミングを狙って、携帯電話を調べると成功しやすくなります。

日常生活で、携帯電話を手放している時間帯を把握してから、調査を実行しましょう。

オ)別の名前で登録されている可能性がある

携帯電話を調べる目的は浮気相手の名前などを特定することですが、浮気相手の名前が実名で登録されていることはまれで、ほとんどの場合は別の名前で登録されています。

例えば、ニックネーム、会社の名前などです。

登録番号だけを見るのではなく、発着信履歴なども見て総合的に判断した方がいいでしょう。

特定の相手との発着信履歴が多い場合は、通話時間や時間帯、メール送受信の回数などから判断すると浮気相手を特定できることがあります。

浮気相手の名前を変えている場合は、パートナーが男性であれば男性の偽名、女性であれば女性の偽名で登録して、カモフラージュしていることがあるので注意しましょう。

カ)ロックがかかっていると違法性の問題がある

携帯電話にロックがかかっている場合にロックを解除して見る行為は、相手のプライバシーを不当に侵害したとして、場合によっては損害賠償を請求される可能性がありあります。

なお、パートナーの手紙を勝手に開封することは信書開封罪になります。

ロックのかかっている携帯電話を勝手に見ることは、直ちにこのような刑法違反にはならないでしょうけども、おすすめできることではありません。

(2)パソコンから浮気の証拠を押さえる方法

携帯電話・スマホに次いで、パソコンにも浮気の証拠が残っていることが多いです。

①パソコンの確認方法

メールや動画、写真については既に説明した方法と同様で、ここではネット検索の履歴を確認する方法について解説します。

ア)ネット検索の履歴から読み取れることがある

ネット検索した履歴は消去しない限りパソコンに残るので、それをチェックすることでデートや観光に行こうと検索した履歴や、プレゼントについて検索した履歴を知ることができます。

これらのことは決定的な浮気の証拠にはなりませんが、浮気相手の特徴を把握したり、浮気の現場を押さえたりするのには役立ちます。

イ)予測変換機能で読み解く

検索するため数文字だけ入力すると、頻繁に入力するキーワード・フレーズやサイトを予測して変換する機能が検索エンジンにはあります。

これを利用すれば、パートナーがパソコンで「どんなサイトをよく閲覧しているのか」「どのようなキーワードやフレーズで検索しているのか」を読み解くことができます。

ウ)検索履歴とお気に入りをチェックする

検索履歴やお気に入りをチェックすることで、どんなサイトを普段見ているかを知ることができます。

観光地やデートスポットに関するサイトをよく閲覧していれば、浮気をしている可能性は高いのですが、それだけでは決定的な証拠とはならないことがあります。

用心深い人は検索履歴を削除していることがありますが、ほとんどの人は削除せずに放置しているのでチェックしやすい方法です。

エ)チェックした検索履歴は自分のメールアドレスへ送信する

浮気の証拠を掴むのに役立つ検索履歴をチェックしたら、そのURLは自分のメールアドレスへ送信しておくようしましょう。

パソコンで何度もチェックしているとバレる可能性がありますし、調査を簡単にすることができます。

②パソコンを調査する際の注意点

パソコンから浮気を見破ることもできますが、注意点として以下のことがあります。

ア)パソコンのOSの違いに注意する

パソコンのOSはWindowsが多く、次いでmacOSという状況になっています。

パソコンで浮気を見破る方法についてネットで検索するとたくさん出てきますが、どちらについて書かれているものか注意しましょう。

OSが異なれば、調べ方はまったく違ってきます。

イ)証拠が残らないように注意する

パートナーのパソコンを調べた後、元の状態へ戻しておかないと気づかれるリスクがあります。

ファイルを開いて閲覧すれば必ず履歴が残るので、ファイルやソフト、インターネットなど使用したところの履歴を削除しなくてはなりません。

ファイルやフォルダの場合は、「最近使ったファイル」の部分もチェックしておくようしましょう。

ウ)インターネットを使用した履歴を削除する

パートナーのパソコンでインターネットを閲覧する履歴を削除する方法には、手動による削除の方法とソフトを使用した削除の方法があります。

なお、ここではブラウザがIE9の場合について解説します。

ⅰ 手動による削除方法

すべての履歴を削除する場合は、まず、右上にある歯車マークをクリックし、タブから「インターネットオプション」を選んでクリックし、「全般」タブの「閲覧の履歴」の削除ボタンをクリックします。

次のウィンドウで削除する項目が表示されるので、閲覧履歴を削除する場合は「履歴」のところへチェックを入れて削除ボタンをクリックします。

しばらくすると削除が完了するので、「OK」ボタンを押して終了です。

ただし、すべての履歴を削除すると、痕跡が少なからず残ってしまいます。

そこでおすすめなのが、自分の使用したファイルだけを削除するという方法です。

一時ファイルが置いてある元のフォルダを開き、フォルダを時系列で並べ替え、自分が開いた場所の一時ファイルだけを削除します。

ⅱ ソフトを使用した削除方法

削除するのに時間と手間をかけたくないという場合は、インターネットにアクセスした履歴をソフトですぐ消すことができます。

フリーソフト「履歴削除」を使用すれば、あっという間に削除作業が完了します。

エ)パスワードを解除すると違法性の問題がある

パソコンにパスワードが設定されているのを解除して見る行為は、不正アクセスを禁止する法律に違反します。

また、プライバシーの侵害の問題もあります。パスワードを解析して解除する行為はしないようにしましょう。

(3)日記や手帳、メモをチェックする

パートナーが記載した日記や手帳、メモからも浮気調査ができます。

日記には浮気相手とどんなことをしたのか、手帳にはいつ浮気相手と会うのかというスケジュール、メモには電話番号やメールアドレスなどが書かれていることがあります。

そのようなものを見つけたときは、写真撮影して保存しておきましょう。

(4)自宅内のゴミ箱やスーツのポケット、バッグの中をチェックする

自宅内のゴミ箱やパートナーのスーツのポケット、バッグの中などにも浮気の証拠が残っている可能性があります。

たとえば、上記のメモの他にも、ラブホテルのレシートやメンバーズカード、浮気相手のために買ったプレゼントのレシート、避妊具などが捨てられていたり、ポケットやバッグに入っていたりすることがあります。

これらのものを見つけた場合、捨てられていたものであれば現物を保管し、そうでないものは写真撮影しておきましょう。

(5)クレジットカードの利用明細をチェックする

クレジットカードの利用明細を確認することは、レシートと同様に、パートナーの行動を把握して浮気の証拠を押さえるのに有効です。

よくクレジットカードを使う人であれば、頻繁に利用する飲食店やホテルがどこかがわかります。

①クレジットカードの確認方法

クレジットカードの利用明細が郵送されている場合と、ネットで確認している場合に分けて説明します。

ア)利用明細が郵送されている場合

一般的に、クレジットカードの利用明細は請求書と一緒に自宅へ郵送されてきます。

利用明細に不審な利用履歴があれば、浮気している可能性が高いはずです。

利用明細を見れば利用した場所がわかるので、パートナーの行動を把握して、浮気の決定的証拠を押さえることができます。

クレジットカードの利用明細と請求書が郵送されるてくる日は会社ごとに異なるので、クレジットカードごとに郵送されてくる日を確認しておきましょう。

イ)利用明細をネットで確認している場合

クレジットカードの利用明細はインターネットを通じて確認できるクレジットカード会社もあります。

郵送されてくる利用明細を見なくても、クレジットカード会社のサイトから確認することが可能です。

この方法では、クレジットカード番号、サイトへログインするためのIDとパスワードなどを知る必要があるので、やや難易度の高い方法といっていいでしょう。

②クレジットカードを調査する際の注意点

クレジットカードの利用履歴を見ると、利用した日付、利用したお店や会社の名前を確認することが可能ですが、ラブホテルの場合はホテル名になっていない場合がほとんどです。

たいていの場合は「株式会社〇〇」「〇〇観光」などの名称になっていて、浮気していることの直接の証拠になりません。

利用明細を確認して、ラブホテルの休憩料金や宿泊料金と推測される請求があったら、その項目の会社名をネットで検索してみることをおすすめします。ラブホテルを経営している会社だと判明することもあります。

ネットで利用明細を確認する場合にはログインすることになりますが、ログイン履歴をチェックすることが可能なので注意しなくてはなりません。

用心深いパートナーだとログイン履歴をチェックされて、浮気を疑っていることがバレる可能性があります。

また、自分に知らされていないログインパスワードを解析したり、盗みたりすることは不正アクセス禁止法に抵触する可能があるので注意が必要です。

(6)自家用車やETCの利用履歴をチェックする

パートナーの自家用車やETCの利用履歴にも浮気の痕跡が残っていることがあります。

①自家用車の確認方法

走行距離やガソリンの増減を見て、必要以上に走行している場合は、浮気に車を利用している可能性が高いといえます。

また、ダッシュボードやトランクの中、フロアやシートの下なども確認してみましょう。

髪の毛やピアス、その他パートナーや自分のものでない物が落ちていた場合は、浮気相手の物である可能性が高いです。

②ETCの利用履歴の確認方法

ETCの利用履歴を確認すると、パートナーの行動を把握でき、浮気をしていることを突き止めることが可能です。

パートナーが出張した際に伝えてきた行先とETCの利用明細から推測される行先が一致していなければ、パートナーが嘘を言っていたことがわかります。

ア)クレジットカードの利用明細で確認できる場合

ETCの利用履歴はクレジットカードの利用履歴と連動しているので、クレジットカードの請求書を確認すればすべてわかります。

クレジットカードの利用明細で高速道路の料金の項目をチェックすれば、パートナーがいつどこへ行ったかということがわかります。

日付を確認してパートナーが伝えた行先と一致しているかを思い起こして、一致していなければ浮気をしている可能性が高いと判断できます。

また、行動パターンを把握できるため、浮気の現場を突き止めて決定的証拠を押さえることも可能です。

イ)クレジットカードの利用明細で確認できない場合

クレジットカードの利用明細で確認できない場合もありますが、もしパートナーがETC利用照会サービスへ登録していれば利用状況を確認できます。

このサービスを利用すると、過去15カ月間のパートナーのETC利用状況を確認することが可能です。

③自家用車やETCの利用履歴を調査する際の注意点

自家用車内を調査したときは、証拠を探ったことをパートナーに気付かれないように、元の状態に戻しておきましょう。

バックミラーの角度やシートの位置やリクライニングの角度にも注意しましょう。

ETC利用照会サービスを利用する際にはETCカードの番号と車のナンバーを入力するため、ETCカードの番号をパートナーにバレないように調べる必要があります。

(7)GPSやICレコーダーを利用する

GPS発信機をパートナーのバッグや車の中に入れておけば、パートナーがどこに行ったのかを把握することができます。

たとえば、ラブホテルや異性の自宅などに行ったことが判明すれば、浮気している可能性が極めて高いです。

ただし、GPSのみでは相手がその場所に行ったということが分かるだけで、そこで何をしていたのかまでは分かりません。

そこで、ICレコーダーも併用すると、さらに具体的な事実が判明することがあります。

浮気相手との会話内容や、性行為中の音声などが録音されていれば、有力な証拠となります。

注意点としては、GPS発信機やICレコーダーを設置する際に、パートナーに気付かれにくい場所を選ぶということです。

(8)浮気調査アプリを利用する

最近は「浮気調査アプリ」が数多く出回っていますが、これはあまり利用できません。

浮気調査アプリは、調査したい相手のスマホに専用のアプリをインストールして、相手の行動を把握するというものです。

相手に無断でインストールすると「不正指令電磁的記録取得罪」に問われるおそれがありますし、かといって相手に断ってインストールしたのでは調査にはならないでしょう。

したがって、浮気調査はアプリ以外で、上記の方法で行うことをおすすめします。

2、浮気調査を自分でするとリスクがある

浮気調査には、さまざまなリスクがあります。しかも、素人が自分で調査する場合には危険性が高いといえます。

以下で、浮気調査のリスクについて具体的にご説明します。

(1)パートナーに気付かれる可能性がある

前項で8種類の浮気調査の方法を詳しくご紹介しましたが、「これをバレずにやるのは難しい……」と感じられた方法も多かったのではないでしょうか。

浮気調査はパートナーのプライバシーを探ることになりますので、パートナーに気付かれる可能性は常にあります。

気付かれてしまうと、パートナーが慎重に行動するようになるため、証拠をつかみにくくなってしまいます。

証拠がつかめなければ真実は分からないままになりますし、あなたが離婚や慰謝料請求をしたいと考えても、その請求が認められる可能性は低くなります。

(2)時間と手間がかかる割にたいした証拠が入手できない

浮気調査には地道で粘り強い作業が必要であり、多大な時間と手間を要するのが通常です。

それにもかかわらず、めぼしい証拠が見つからないことも少なくありません。

「怪しい」と思える証拠は多数見つかっても、決定的な証拠を入手できることはそれほど多くないのです。

そもそも怪しいと感じているからこそ調査したのに、「怪しい」証拠しか見つからなければ徒労感だけが増してしまう可能性があります。

(3)違法な行為をしてしまうおそれがある

前項でも注意点として適宜ご説明しましたが、浮気調査はパートナーのプライバシーを侵害する可能性が高く、場合によっては犯罪に問われるおそれもあります。

反社会的な方法で入手した証拠は、離婚や慰謝料請求の民事裁判でも採用されない可能性があります。

もっとも、実際にはパートナーの携帯電話やスマホを勝手に見て入手した証拠や、無断で撮影した写真や録音したデータなどは、証拠価値には影響ないものとして民事裁判で採用される場合も多くあります。

しかし、その場合でも別途、損害賠償請求を受けたり、刑事告訴されるおそれがあることは知っておく必要があります。

関連記事:

ピックアップ

離婚が子供に与える8つの影響と将来の不安を最小化する方法
離婚の切り出し方|切り出すタイミングと知るべき6つのこと
離婚の話し合いマニュアル|後悔のない話し合いとするために
離婚の種類は?4つの離婚の種類と具体的な手続きの流れを解説