「まだ陣痛じゃないよね…?」入院費用を安く済ませようとして粘った結果、まさかの事態に!?

「まだ陣痛じゃないよね…?」入院費用を安く済ませようとして粘った結果、まさかの事態に!?

いよいよ2人目の出産が近づいてきた妊娠37週。産婦人科の先生からは「もういつ生まれても大丈夫」と言われ、陣痛を待つ日々が続きました。しかし出産当日、あろうことか陣痛を放置し、入院費用を安く済ませようとした私の恥ずかしい失敗談をご紹介します。

入院費用が無駄になったママ友

第2子妊娠中のときのこと。出産したばかりのママ友に会いに行きました。「陣痛が来たと思って、夜中11時に入院したの。そしたら痛みが消えちゃって、病院の朝ごはん食べてそのまま帰ったんだよ」と、出産前の体験談を話してくれました。


彼女の通う産婦人科は、午前0時から翌日午前0時までの24時間で1日分の入院費がかかる仕組み。ママ友は数時間病院にいただけで、2日分の入院費約2万円を支払ったというのです。


そこで私は自分が通う産婦人科の入院費用のシステムを調べることもなく、「とにかくギリギリまで家で耐えよう」というおかしな思考に。

陣痛なのかわからない…我慢すべし!

1人目の出産時は陣痛促進剤で陣痛を起こしたため、陣痛が来る前から病院でスタンバイ。痛みがあると、すぐに助産師さんに相談できる状況でした。家で陣痛を待つのは第2子が初めて。


出産予定日前日の午前4時。腰に重い痛みが出てきました。陣痛の間隔をアプリではかるものの、10分だったり、20分だったり。まれにかなり強い痛みがありましたが、起きてきた上の子の朝ごはんを作ったり、洗濯をしていたりすると痛みを忘れることも。


「こんな朝早くに行ったら、早朝の追加料金がかかるかもしれない。これは陣痛じゃない……」。間隔がバラバラという理由だけで、陣痛ではないと自分に言い聞かせ、家で我慢していました。

関連記事:

ピックアップ

「悪露じゃないね」産後1カ月健診で出血を相談すると、医師から驚きの答えが!
「…しないの?」急遽実家に帰ると決めて準備中、夫から思わぬ発言が…
「思っていた里帰りとは違う!?」新生児よりも手のかかる実父に、実母が疲弊してしまい…【体験談】
妊娠中から生後4カ月まで夫と別居。いざ同居スタートすると、夫婦の足並みがそろわなくて…!?