「ラクだと思っていたのに…!」出産後、『個室で母子同室』の意外なデメリットとは!?【体験談】

「ラクだと思っていたのに…!」出産後、『個室で母子同室』の意外なデメリットとは!?【体験談】

私が第1子を出産した産院は母子同室の完全個室。初めての出産だったこともあり、同室の方に気を使わずに過ごせる個室はとても魅力的に感じました。しかし実際に出産を終えて入院生活が始まってみると、想像もしていなかったデメリットがあったのです。「こんなことなら個室ではなく大部屋にすればよかったかなあ」と出産前の自分の判断を少しだけうらめしく思ってしまった体験談です。


※コロナ禍前の体験談です。

メリットは周りを気にせず過ごせること

無事に出産を終えて個室で初めて過ごした夜は、「個室でよかった」と思いました。よその赤ちゃんの泣き声や周りの物音を気にすることなく、疲れ果てた体をゆっくり休めることができたからです。


またシャワーやトイレ、洗面所、冷蔵庫なども室内にあったので、自由に使用できて快適でした。私が入院していた産院の場合、面会時間の規定はありましたが実際は目安程度で、時間外でも夫が出勤前に顔を出したり荷物を届けてくれたりするにはとても都合がよかったです。

デメリットは面会人の時間外&長時間在室

周囲への気兼ねがない個室ゆえに、面会人の滞在時間が長時間になりがちでした。「赤ちゃんがかわいくてずっと見ていたくなる」と言われれば、「私は疲れているので帰ってほしい」とは言えず……。


大部屋であれば同室の方への配慮があったでしょうし、母子別室であれば赤ちゃんは新生児室にいるので長居の理由はありません。長時間滞在に耐え兼ねた私は面会人と赤ちゃんを病室に残し、外来診察が終了して閑散としている待合室のソファで休憩することもありました。

関連記事:

ピックアップ

<妊娠したら癌になった>「3日後に治療を始めます」ついに入院生活スタート。医師によると…
<ご近所トラブル>「いやだって言ってんじゃん。耳ついてんの?」身勝手なママ友はさらにブチギレて…
「弁償かな…」読み聞かせ中、借りた絵本を破いてしまった!図書館へ謝罪に行くと予想外の展開が…!?
「正直に言ったほうがいいの?」保育士がちょっと困っている、保護者がやりがちなNG行為とは!?