「届かないと思っていたけれど…」バナナが食べたいがための息子の行動とは…【体験談】

「届かないと思っていたけれど…」バナナが食べたいがための息子の行動とは…【体験談】

現在、3歳の娘と1歳の息子がおり、毎日バタバタと育児に奮闘中です。ある日、お姉ちゃんの歯磨きをしていると、後ろのほうでえらい静かに何かをしている息子。歯磨きを終え振り返ると……!? 衝撃的珍エピソードです。


体験談&マンガ投稿コンテスト開催中!

この記事は、「体験談&マンガ投稿コンテスト」の予選通過作品です。この体験談について「共感できた」「参考になった」と思った方は、記事のタイトル下にあるハート♡を押して応援をよろしくお願いします。感想コメントもお待ちしています!

※作品の募集は締め切りました。

※現在連載中のイラストレーター等にも任意でご応募いただいています。

何やら怪しい息子の行動に気になりつつも…

現在、3歳の娘と1歳の息子がおり、毎日バタバタと育児に追われているときに起こった珍エピソード。息子が1歳になり、少しずつ歩くのが上手になってきたころのお話です。


キッチンでお姉ちゃんの歯磨きをしていると、息子が後を追いかけてキッチンに来ました。仕上げ磨きをしている私の後方で、静かに何かをしている息子。


いつも自由に動き回り、おもちゃで遊んだり、冷蔵庫に映る自分の姿を見たりして遊んでいるので、この日もあまり気に止めずに歯磨きの続きをしていました。そして歯磨きが終わり、後ろを振り返ると、床に何やら奇妙な物体が……!

いつの間にか届くように…!?

「ん?なんだこれ?」と思いよく見てみると、バナナのヘタと下の硬い部分でした。その残骸の横には、口をもぐもぐしている息子がいるではありませんか。


勝手に取れないようにテーブルの上に置いていたはずのバナナをつかみ、皮ごと食べていたのです! テーブルの端のほうに置いていたのですが、背伸びした際に手が届いてしまったようです。

関連記事:

ピックアップ

「もう、全部辞めよう」心中を洗いざらい訴えた私に夫が言った言葉の意味にあ然
古風で日本的「レトロネーム」ブーム!花モチーフが人気!女の子の名前で人気の漢字とは?
「喜んで食べるから…」夫婦で外出している間、まだ小さい双子に義父母が食べさせたものとは!?
本当に役立った!あると便利!冬場の出産でもらってうれしかった出産祝い3選【体験談】