「全国旅行支援(全国旅行割)」のギモンを解決。都民割「もっとTokyo」やキャンペーンと併用でさらにお得に!

「全国旅行支援(全国旅行割)」のギモンを解決。都民割「もっとTokyo」やキャンペーンと併用でさらにお得に!

「全国旅行支援(全国旅行割)」が2022年10月11日から全国を対象にスタート。旅行代金の割引と、地域クーポンが付与される新しい観光支援策に喜びの声も高まる中、どれだけお得になるの? 休日とは何曜日? さらにお得な使い方は? 都道府県民割との違いは?など意外と分かりにくいという声も。そんな声にお応えして、OZmall編集部的“「全国旅行支援(全国旅行割)」のギモン”を解決します。

そもそも「全国旅行支援(全国旅行割)」とは?

「GoToトラベル」との違いは、簡単にいうと国ではなく“各都道府県”が主体となっていること。現在実施されている「都道府県民割」の期間が延長され(割引率等は全国旅行支援に統一)、対象が全国に拡大されたものが「全国旅行支援(全国旅行割)」。神奈川県なら全国旅行支援「いざ、神奈川!」、千葉県なら「千葉とく旅キャンペーン(全国版)」、京都府の場合は「きょうと魅力再発見旅プロジェクト」など、名称が自治体により異なるため、少し分かりずらさがあるかもしれません。

「全国旅行支援(全国旅行割)」はどれくらいお得なの?

まず、割引額について。旅行金額の40%オフ(最大5000円割引 ※)なので、5000円のホテルに宿泊した場合は40%オフの2000円割引が適用され支払額は3000円、10000円ならば4000円割引の6000円。最もお得率が高いのが12500円の場合で、40%オフ価格が5000円となり7500円の支払いとなる。それ以上は単純に5000円割引となっていくのでわかりやすい。ちなみに、最低利用金額が設定されており、1人1泊あたり平日5000円、休日2000円。最低利用金額を下回る場合は対象外となるのでご注意を。さて、なんとなく感覚がつかめてきたところで、自分ならどう使いたいのかな?と価値観に合わせてみよう。少しでも安く泊まりたいのか、割引率が高い方がいいのか、少し高くても5000円割り引かれてラッキーと思うのか。せっかくの旅行支援、自分に合う使い方で活用してみて。
※交通付き宿泊旅行の最大割引は1泊8000円、1回の旅行で7連泊まで対象、利用回数なし

関連記事:

ピックアップ

美食にスイーツ、アパレルも!ものづくりの町・太田の名店歩き/群馬県・太田市
希少なTボーンステーキのクリスマス限定コースに感激。ウルフギャング氏プロデュースのハワイ発イタリアンを編集部が体験
ライフスタイルブランド「HONEY ROA(ハニーロア)」から、冬のギフトにぴったりなボディ&ヘアケアアイテムが新登場
ひとりでも気軽に楽しめる!銀座エリアのランチ9選|カツカレー発祥の洋食店や台湾バーガーの専門店など