「50代の貯蓄の平均額」は? 老後資金を増やすための方法って?

50代では収入はピークになる人が多いものの、そろそろ老後の生活を現実的に意識し始める頃ではないでしょうか。安心して老後を迎えるためには、今どのくらいの貯蓄があった方が良いのか、効率よく老後資金を増やすにはどのような方法があるのかなど、悩む人もいるでしょう。
 
今回はそんな50代の平均貯蓄額や、老後資金の増やし方について紹介していきます。

50代の貯蓄の平均額

厚生労働省により大規模調査が行われた「2019年国民生活基礎調査の概況」によると、50代が世帯主である1世帯当たりの貯蓄平均額は1075万4000円という結果が出ています。

 

60代の平均額1461万7000円と、70代の1233万5000円に次いで、50代は3番目に平均貯蓄額が多い世代です。また、全世帯の平均額が1077万4000円であることから、50代の貯蓄の平均額は平均水準であると言えるでしょう。

 

50代から老後資金を貯めるポイントは

 

貯め時世代といえる50代ですが、リタイアまではあと少しです。無理なく老後資金を貯めるポイントを知っておきましょう。

 

・ポイント1.目標額を決める

まずは貯める目標額の設定をしましょう。リタイア後の主な収入源は公的年金です。老後にかかると予想される生活費から、公的年金額とその他に収入源があるのであれば差し引き、不足する分を貯蓄し、準備していきます。

 

生活費は各家庭や個人によって大きく異なりますし、支給される年金額も人によって異なります。自身の必要な分を計算し、貯めていくようにしましょう。また、余裕があれば少し多めに目標額を設定するのもいいでしょう。

 

・ポイント2.生活費の見直し

無理せず、着実に貯めるためには、リタイアまでの年数を計算しながら、現時点での生活費の計算をしてみましょう。固定費は見直しの価値があります。車にかかる費用やサブスクリプション制のものなど、今の生活に本当に必要かどうかを見直してみてください。

 

住宅ローンなど借入金がある方は、繰り上げ返済を検討するのもいいでしょう。リタイアまでに返済が終わるのが理想的です。生活費を見直しても削れるところがない、ローンなどが返し終わらない場合は、収入を増やすために副業も視野に入れてもいいかもしれません。

 

・ポイント3.貯蓄方法を変える

貯蓄といえば銀行の口座に預けるだけ、という方もいるかもしれませんが、現在の金利状況下では預けているだけでは預けている額しか貯めることができません。方法を変え、資金の運用する方法を検討するのもいいでしょう。

 

関連記事:

ピックアップ

「持ち家は消費と考えると楽になる」。25歳で注文住宅を購入した男性が考えるお金と自己満足
定年後は最低賃金で働き「月給17万円」に…住宅ローンが払えない場合はどうすればいい?
【湯たんぽ】「お湯」vs「電気」お得なのは実際どっち? 選び方はどうすればいいの?
2023年4月から始まる年金の「みなし繰下げ」とは? 5年分をさかのぼって受け取れる?