<家族、辞めてもいいですか?>「離婚することになった」母の突然の報告に子どもたちは意外な反応を…

<家族、辞めてもいいですか?>「離婚することになった」母の突然の報告に子どもたちは意外な反応を…

魚田コットンさんが小学2年生、お兄さんが中学生になったころ。生き物の飼育にハマっていたお兄さんが、水槽が汚れてきたため魚田コットンさんに洗わせようとして…….。さらに不仲だった両親がついに離婚することに……!?


「半殺しにされるか水槽を洗うか選べ」と言ってきました。どうせ何発か殴られるくらい……と思った魚田コットンさんは“半殺し”を選択。しかしお兄さんは本気で殴り始め、「ごめんなさい! もうやめて……!」と魚田コットンさんが泣いて謝罪。するとお兄さんは殴る手を止め、魚田コットンさんが水槽を洗うことになり……?

不仲だった両親がついに…






魚田コットンさんは、最初の答えを間違ってしまったが故に、お兄さんに殴られたうえに水槽を洗うことに……。

落としたらまた怒られる。

そう思った魚田コットンさんがお兄さんの方をチラリと見ると……

こちらをじっと睨んでいました。

こんなことなら最初から水槽を洗うって言えばよかった。

当時のお兄さんは確実に荒れていました。

しかし、家族の誰もがそれを治安の悪い地域や悪い仲間のせいにしていました……。

そして、魚田コットンさんが小学2年生だったある日の夜。

お母さんの車に乗せられて、どこに行くかも聞かされず、しばらく走ったときのこと。

人通りのほとんどないところに着くと、路肩に寄せて車を止めるお母さん。

何でこんなことに……?

そう思っていると、お母さんが話し始めました。

「あのね、お父さんとお母さん、離婚することになった」

「3人ともお母さんと一緒に来てくれる?」

「うん」

お兄さんとお姉さんはすぐに返事をしました。

「イヤだ」なんて言える雰囲気ではなく、コットンさんも「うん」と返事するほかありませんでした。

しかし……

それからしばらくして両親と祖父母たちとで話し合った結果、離婚は白紙に。

「そんな簡単になしになるもんなんだ?」と思った魚田コットンさんでしたが、内心とてもうれしかったのでとくに気にしませんでした……。

お母さんから車で連れ出され、切り出された離婚話。「お母さんと一緒に来てくれる?」なんて言われたら、子どもは嫌だなんて言えませんよね。さらに本心では“離婚して欲しくない”と思っていても、言える雰囲気ではない車内……。

その後、離婚しないことを知って喜んでいるので、やはり両親が不仲であっても離婚して欲しくない、みんなで一緒にいたいと思うのが子ども心なんですね……。

「家族、辞めてもいいですか?」のマンガは、下記にて掲載されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

>>Comic Walker「家族、辞めてもいいですか?」

魚田コットンさんのInstagramでは実体験の家族と過ごした日々が公開されています。ぜひチェックしてみてくださいね。


この投稿をInstagramで見る

魚田コットン書籍発売中(@uotakotton)がシェアした投稿


著者:マンガ家・イラストレーター 魚田 コットン

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

「私は彼女が羨ましい」幸せなのに妬ましいのはなぜ?毎日何度もわが子を抱きしめる、そのワケは
<小学生トラブル>「お子さんが友だちを殴ったようで」学校からの電話。息子がトラブルの加害者に!?
「お腹引っ込んだ」呑気症が改善しひと安心。しかし新たな問題に直面し
「アプリは浮気じゃない」浮気常習犯の夫の言い訳に愕然!離婚を告げると慌てだして<旦那は出会い厨>