交通事故後の治療費を自己負担したくない! 数日後に症状が出たときの対処法を解説

交通事故後の治療費を自己負担したくない! 数日後に症状が出たときの対処法を解説

むちうち損傷などの症状が事故直後に出たとしたら、「事故による変化」と考えられるでしょう。しかし、数日後の症状であれば、事故以外の要因も考えられます。その際、加害者へスムーズに治療費を請求するために何が必要なのでしょうか。今回は、Medical DOC編集部が、柔道整復師の飯島先生(はなまる鍼灸接骨院)を取材しました。

交通事故の被害で起こりやすい怪我

編集部

交通事故では、どんな怪我が多いのでしょうか?

飯島先生

頚部(けいつい)捻挫、いわゆる「むちうち損傷」に加えて、打撲や挫傷や骨折、脱臼などが挙げられます。いずれも、外から力が加わることによる骨や関節、靭帯、筋肉へのダメージです。なお、捻挫や挫傷や打撲などの場合、X線検査に現れないこともあるので、問診が重要になります。

編集部

そうした自覚症状が、事故直後に出ない場合もあるのですか?

飯島先生

あり得ます。事故によるショックで精神が興奮状態にあると、痛みに気づきにくくなるからです。ほか、事故によって生じたわずかな関節のずれや骨の損傷などが、生活を送るうちに重篤化することも考えられるでしょう。

編集部

後遺症になって、治らないケースもあると聞きます。

飯島先生

後遺症というのは、「もう治りませんよ」ということですからね。交通事故後の怪我の流れについて説明すると、治療期間が6カ月くらい続いた段階で、保険会社から「そろそろ症状固定にして、終了にしてください」と言われると思います。そこで痛みがある場合、症状に応じて後遺症になることがあります。なお、後遺症診断書の作成ができるのは、医師に限られます。また、医師がX線画像の診断などに基づいて「治った」とみなすと、治療が終了になってしまうこともあります。すなわち、「治った」場合は後遺症にはなりません。

編集部

痛むのに「治療は終了」というのは、理不尽に感じます。

飯島先生

痛みがある場合は、なるべく症状固定にしないで通院期間を延ばして、施術を続けることをおすすめします。早く終わらせようとする保険会社などの場合は、しっかり交渉したいですね。また、「まだ治療が必要ですね」と言ってくれて、しっかり後遺症診断をしてくれる整形外科などの医師を探すのが理想的ですね。いずれにしても、交通事故後の処置に理解のある医師・施術者が求められるでしょう。弁護士を入れてお願いする手もありますので、任意保険に弁護士特約が入っているか確認することをおすすめします。

交通事故にあって時間が経ってから症状が出たときの対処法

編集部

ここで本題です。交通事故による自覚症状が遅れて出た場合、何に注意すべきでしょうか?

飯島先生

まずは最寄りの整形外科などの医療機関を受診して、「現在の症状が今回の事故によるものである」という診断書を書いてもらいましょう。交通事故と症状が紐付いていないと、保険会社は「普段の生活などが原因なのでは?」と疑いかねません。そして、この境目はおおむね「事故から2週間以内」という印象です。また、警察に届けて事故扱いにしておくことも忘れないでください。

編集部

通常、通常診断書の発行は必要ですよね?

飯島先生

はい。患者さんが警察に診断書を提出するような場合に使用します。整形外科や接骨院・接骨院が保険会社とやりとりする中で必要になることがあります。ですが、診断書の費用は請求額の中に含めるのが一般的な流れです。ただし、繰り返しになりますが「事故から2週間以内」がポイントです。受診が遅れると、医師も「事故との関係は不明」とみなすかもしれません。

編集部

そもそも、数日遅れて自覚が出るのはどうしてでしょうか?

飯島先生

詳しいことは解明されていませんが、すでに出ている症状に精神が興奮していて「気づきにくいのではないか」と考えられています。問題は、境目である2週間を過ぎてから痛み出した場合ですよね。保険会社が交通事故との関連性を認めるかどうかにかかってきます。

編集部

ちなみに、先生は「遅れて出た痛み」にどう対処していますか?

飯島先生

2週間以上を空けた痛みだとしても施術はします。ただし、保険会社は得てしてこうしたケースの費用請求を認めませんので、自腹になるかもしれませんが患者さんとご相談のうえですね。事故直後から通院されている人の場合は、サービス扱いにすることもあります。

関連記事:

ピックアップ

「腰椎分離症」は放置すると危険?医師が徹底解説!
「神経ブロック注射」の種類・違い・効果などを医師が徹底解説!
「息苦しい」と感じる原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
【医師監修】背筋や首の違和感には要注意!「脊柱靱帯骨化症」とは?