「心膜炎」になると現れる症状はご存知ですか?

「心膜炎」になると現れる症状はご存知ですか?

心膜炎は心膜という心臓を包む膜が炎症を起こすことによって胸の痛みを発症する疾患です。あまり聞き慣れない病名だと感じる方が多いかもしれません。

あるいは胸の痛みを感じることと心臓部分の疾患ということで、心筋梗塞などの心臓病との関連を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは心膜炎の症状や原因について詳しくみていき、そのリスクについても解説していくことにします。治療方法や予防方法もご紹介していきますので、この機会に心膜炎についての知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

心膜炎の症状と原因

心膜炎とはどんな病気ですか?

心臓を包む硬い膜を心膜といいます。この膜に炎症を起こした状態が心膜炎です。心膜は心臓の働きを保護するために2層の膜で構成されています。
この2層の膜と膜の間には心膜腔と呼ばれる隙間があり、心膜腔には心臓の動きによる摩擦を軽減するため心膜液という少量の液体で満たされています。心膜炎になるとこの心膜液が過剰に溜まり、それによって症状が現れるのです。

心膜炎にみられる症状を教えてください。

心膜炎には急性心膜炎と慢性心膜炎の2種類があり、症状にもそれぞれ違いがあります。急性心膜炎の初期の段階では風邪に似た症状が出て、喉の痛み・咳・発熱・嘔吐・下痢などが現れてくるでしょう。その後に心膜炎特有の症状として胸の痛みが出てくるようになります。
さらに症状が進むと心臓が圧迫され、急性心筋炎・心不全・血圧低下・意識障害などが引き起こされて、最悪の場合死に至ることもあるでしょう。
一方の慢性心膜炎では息切れ・咳き込み・疲労感などの症状が継続的に現れます。慢性心膜炎は急性心膜炎の再発を繰り返すことにより慢性化してしまった心膜炎です。

心膜炎を引き起こす原因は何ですか?

心膜に炎症が起き、心膜液が過剰に溜まってしまうことによって心膜炎となりますが、急性心膜炎の場合はそのほとんどがウィルスの感染によるものです。しかし心膜炎を発症する特定のウィルスがあるというわけではなく、およそすべてのウィルスが急性心膜炎の発症原因となる可能性があります。
心膜炎の原因はウィルス以外にも細菌への感染・膠原病・自己免疫性疾患・尿毒症・腎不全その他の疾患や、特定の薬などが確認されました。慢性心膜炎の原因は前述の急性心膜炎の慢性化の他に、がんや甲状腺機能の低下などが主なものです。
なお急性心膜炎、慢性心膜炎のどちらも原因を特定できないケースがあります。

インフルエンザ等のワクチン接種後に発症することもあると聞いたのですが…。

インフルエンザ等のワクチン接種によって心膜炎を発症することはごく僅かではありますが事実です。これからの季節はインフルエンザワクチンを接種する機会も多くなるでしょうし、またワクチンといえば今後も複数回摂取することとなる新型コロナワクチンにおいても心配な方もいるかと思われます。
ワクチン接種を原因とする発症は心膜炎に限らず心筋炎を発症するケースもありますが、どちらも発症する頻度はごく稀です。また発症したとしても症状も軽くすむことがほとんどでしょう。
こういった状況をふまえてワクチン接種によるメリットとデメリットを考えた場合、接種でのデメリットより接種したことによるメリットの方が大きいと考えられています。

心膜炎になりやすい人の特徴はありますか?

心膜炎の原因についてで触れてきたように、心膜炎の発症はウィルス感染によるものがほとんどですが、一部では他の病気を起因とする発症も見受けられます。こういった発症例を踏まえてみると心膜炎になりやすい人の特徴としては、かねてから病気の治療をしている、あるいは先天的に病気をもっていたり体の免疫が低下している状況などが挙げられるでしょう。
こうした特徴に当てはまる人には発症のリスクがあるだけでなく、発症したのちに慢性化する恐れもあるので予防にも力を入れて十分に注意したいものです。

心膜炎のリスクと治療方法

心膜炎は命にかかわるリスクはありますか?

どんな病気でも症状が軽くすめばいいのですが、心膜炎の症状を考えた場合には残念ながら命にかかわるリスクがないとはいえません。症状が軽ければ風邪となんら変わらない病気なので、実際に風邪と思われたまま治癒してしまうことも少なくないと思われます。
しかし症状が悪化すると急性心筋炎、心不全などを引き起こして最悪の結果を招いてしまう可能性があるのです。そのような結果を招かないようにするためにも早期の診察と治療が必要となります。

「心膜炎かも…」と思った場合、何科を受診したら良いのでしょうか?

前述のように、心膜炎の初期の症状は風邪の症状に似て喉の痛み・咳・発熱などがあります。風邪と違う症状としては胸の痛みがあることが挙げられるでしょう。他の病気の可能性も考えられますが、もし症状に胸の痛みがあった場合は心膜炎の可能性もあるので循環器内科を受診してください。
心膜炎の診察と治療は循環器内科で行われます。なお循環器専門の医師でも心膜炎の診断は困難なことが多いので、症状についてはなるべく詳しく医師に話すことが必要です。診察では本人による痛みの説明と胸部の聴診が行われます。急性心膜炎では心膜摩擦音(ひっかくような音)がして、慢性心膜炎では心膜ノック音(大きなIII音)がします。併せて以下の検査が行われるでしょう。

心電図検査:心電図の波形、ST部分が凹型の上昇を示し,PR部分が低下

胸部X線検査:心疾患による心拡大

検査後の状況によっては以下の処置が必要になることもあります。

心嚢穿刺:溜まった心嚢液の採取、排液

心膜生検:心臓の筋肉の変性が疑われる場合、心臓の筋肉の一部を採取して行う病理学的検査

心カテーテル検査:カテーテルを動脈ないしは静脈に挿入し、心臓の心内圧の計測や冠動脈・心臓の血行動態を得るためX線撮影で造影

心膜炎の治療方法を教えてください。

心膜炎の治療の基本としては安静にすることが第一です。また安静にすることと同時に、痛みと発熱といった症状には対処療法として鎮痛薬と抗炎症薬を用いた薬物療法を施します。
比較的重くない心膜炎ではこういった対処療法により1〜3週間程度で自然と治る場合が多いです。なお心膜炎の原因によっては治療法も違ってきて、例えば細菌による症状には抗菌薬を用いたりします。
重症化している場合には外科的な治療として心膜腔に溜まった心膜役を取り除く処置を施すこともあるでしょう。

関連記事:

ピックアップ

「脂肪腫」を発症しやすい人の特徴・良性と悪性の見分け方はご存知ですか?
「低用量ピルで生理は遅らせられる?」生理を遅らせるメリットも解説!
「腹壁瘢痕ヘルニア」の症状・原因・発症しやすい人の特徴はご存知ですか?
認知症のリハビリはどんな内容をおこなっているのか 理学療法士が解説