「年収1000万円」は富裕層? 富裕層の定義とその割合を確認

年収において、一つの区切りと見られることの多い「年収1000万円」。一般的には富裕層と見なされることが多いですが、果たして年収1000万円は本当に富裕層なのでしょうか? 富裕層の定義からご紹介します。

世帯の純金融資産保有額によるマーケット分類

富裕層の定義としては、「一定以上の購買力や経済力を有している世帯・個人」であり、「層」といっている以上、資産やこの経済力・購買力を階層別に分類をした際の上位層であることになります。より広義に捉え細分化し、純金融資産5億円以上の「超富裕層」と純金融資産1億円以上の「富裕層」とに分類されることがあります。

 

ここでいう純金融資産保有額とは、預金額や株式・投資信託などの金融資産の合計から負債額を差し引いた額です。日本では株式会社野村総合研究所が「純金融資産保有額の階層別に見た保有資産規模と世帯数」において、この定義に基づいた日本の金融資産の保有額別のマーケット分析を行っています。

 

これによると、日本では

●超富裕層(5億円以上)

●富裕層(1億円以上5億円未満)

●準富裕層(5000万円以上1億円未満)

●アッパーマス層(3000万円以上5000万円未満)

●マス層(3000万円未満)

の5段階に分類されています。

 

図表1 純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数

出典:「純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数」(2020年、株式会社野村総合研究所)より筆者作成

 

各層の世帯数とその割合

それぞれの世帯数は図表1のようになっており、超富裕層と富裕層を合わせた世帯合計数は、132万7000世帯で全体のわずか2.4%、ここに準富裕層までを合計すると、474万5000世帯で全体の8.7%、準富裕層までを足し合わせても全体の10%以下にとどまります。

 

アッパーマス層以上を合算して、1186万6100世帯で21.9%となり、ようやく全体の上位2割となります。対して、純金融資産3000万円未満のマス層は4215万7000世帯で、全体の約8割をこのマス層が占めます。

 

関連記事:

ピックアップ

年金を「75歳」で受け取る予定だけど、受給前に亡くなったら年金はどうなるの? 遺族は受け取れるの?
【憧れの4Kテレビ】コスパ最強だと思ったのに…。結局、失敗したテレビの選び方
自治体が実施している、省エネ家電購入の補助金とはどんな内容?
産休・育休を取得している人は社会保険が免除になる? 内容と手続き方法は?