防災ポーチと持ち出し袋を冬仕様に!プラスで備えたい冬の防災グッズ

寒さを感じる季節になってきました。準備している防災ポーチや非常用持ち出し袋のなかは冬に備えたものになっていますか?季節に合った準備をしていないと、いざというときに必要なものがないという状況になってしまうかもしれません。

こちらの記事もおすすめ!→防災グッズは100円ショップで買える!100均防災のススメ6選

季節が変わるこの機会にもう一度防災グッズを見直して、冬仕様にしましょう!冬だからこそプラスで備えたいおすすめアイテムを紹介します。

冬仕様の防災ポーチにはこれをプラス!

外出時に持ち歩く防災ポーチには、家の外で被災した際に必要になる最低限のアイテムが詰まっています。防災ポーチに入れたい基本アイテムのリストは、こちらの記事で詳しく紹介しています。

外出時の心強い味方!防災ポーチを100均で作ってみた

もちろんほとんどは季節を問わず活躍するものですが、寒い季節にあると役立つグッズを追加で入れて、防災ポーチをアップデートしましょう。

おすすめアイテム①:使い捨てカイロ

ポーチに隙間があれば、入るだけ入れておくのがおすすめです。そのかわりに夏用の冷感シートなどは取り出しておいても良いですね。

おすすめアイテム②:チョコレート

素早くエネルギー補給できるチョコレートは非常時にあると嬉しい食べ物ですが、気温が高い季節は溶けてしまうので防災ポーチに入れることができませんでした。溶ける心配がなくなる季節では、チョコレートを追加するのもおすすめです。

おすすめアイテム③:保湿剤

冬場に乾燥すると手や唇の皮膚が切れてしまったり、かゆくなったり…これがかなりのストレスになります。いつもバッグにハンドクリームが入っているわけではないという人は特に、小さいサイズでも良いので保湿剤を防災ポーチに入れておきましょう。普段からリップクリームを持ち歩かないなら手だけでなく唇に使えるタイプの物だと便利です。

冬仕様の持ち出し袋にはこれをプラス!

非常用持ち出し袋も一度そろえたらそれでOK、というわけにはいきません。もちろんこちらもほとんどがオールシーズンで使えるものばかりですが、寒さ対策グッズなど季節ごとに必要なアイテムがないか見直してみましょう。

おすすめアイテム①:冬用衣類

非常用持ち出し袋の衣替えについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

防災バッグの中も「衣替え」!被災時の衣類、どう備える?

夏用から冬用の衣類に衣替えするのと同時に、特に子ども用の衣類がサイズアウトしていないかチェックするのを忘れずに。

おすすめアイテム②:防寒グッズ

ストール・手袋・ニット帽などの防寒グッズを追加するとさらに安心です。買い替えるときに、古いものを非常用に置いておくと良いですよ。

おすすめアイテム③:ブランケットや寝袋

こちらも寒さ対策用のアイテムです。ブランケットや寝袋があると、避難所で配られる毛布だけでは寒さに耐えられないという場合にも自分で温かさの調整ができますし、床に敷けば、避難所の固い床を少しでも居心地よくできます。

また、防災ポーチに追加するグッズとしてさきほどおすすめした3アイテム(使い捨てカイロ・チョコレート・保湿剤)も、非常用持ち出し袋に入れておくのがおすすめです。

関連記事:

ピックアップ

大雪に警戒してください!停電や低温も…見ておきたい情報5選
水道管凍結の対策として、正しいものはどれ?
南海トラフ巨大地震は連続して起きるかも!「その時」どう行動する?
早朝が低温になりやすい条件として、誤っているものはどれ?