お部屋にぬくもりをプラス。冬のインテリアコーディネート #心地よい住まい

お部屋にぬくもりをプラス。冬のインテリアコーディネート #心地よい住まい

家で過ごす時間が増える冬。忙しい年末を迎える前に、ぬくもりを感じられるお部屋に模様替えしてみませんか?

ファブリックや雑貨を少し変えるだけで、ほっと和めるお部屋にチェンジ。冬のインテリアコーディネートのコツをご紹介します。

見た目も手ざわりも暖かい素材を取り入れる

カーテンやラグ、クッションカバーといった「ファブリック」を冬仕様に変えるだけでも、温かみのあるお部屋になります。

暖かい素材のクッションカバー


(画像出典)PIXTA

ファーやニットは見ているだけでも、ぬくもりを感じられる素材。広範囲に取り入れるのは難しい素材ですが、クッションカバーのような小物なら手軽に取り入れられます。

ボリュームのあるラグ


(画像出典)PIXTA

冷気がダイレクトに伝わってくるフローリング。冬にはボリュームのある暖かいラグを敷くのがおすすめです。

しかし、毛足の長いラグはゴミが入りやすいこともあります。糸が太く織り目が詰まったラグ、しっかりとした厚みのあるラグを選べば、お手入れのしやすさと寒さ対策を兼ねられます。

厚手のカーテン


(画像出典)PIXTA

冬の窓辺に立つと、ひんやりとした空気が伝わってきます。
外からの冷気を防ぎ、暖めた空気を逃がさないためには、窓の断熱が必要。カーテンを二重にする・ドレープカーテンを使うといった方法も有効です。

ドレープカーテンとは、生地が高密度に織られた厚手のカーテンのこと。ボリュームのある「ヒダ」を持つことも特徴です。熱の流れを遮り、空調効率を上げます。

ブランケットをソファにプラス


(画像出典)Unsplash

ソファで肌寒さを感じたときに活躍するブランケット。暖色系のブランケットなら、見た目からも暖かさを感じられます。

素材で選ぶなら、ウール・ファー・モヘアなどがおすすめ。無造作に置いても絵になるようなお気に入りのデザインを見つけたいですね。

暖色のアイテムをアクセントとして使う

赤・オレンジ・黄色といった暖色をインテリアに取り入れると、温かみのある印象に。暖色はポイント使いでも、インテリアの印象が大きく変わります。

冬への移り変わりを演出する「オレンジ」


(画像出典)PIXTA

秋らしさを感じる「オレンジ」ですが、冬に取り入れたい赤い色のお花やブランケットを組み合わせ、冬へと移り変わる季節感を演出しています。
ボリュームのあるクッションも暖かそうに見えるポイントです。

クリスマスムードが高まる「赤」


(画像出典)PIXTA

真っ赤なニットのブランケットにクリスマスモチーフのクッションを置いて、待ち遠しいクリスマスを演出したリビング。
「赤」は冬らしさが高まる色です。ワンポイントでもぜひ使ってみてください。

「黄」×「ゴールド」で新年を華やかに


(画像出典)Unsplash

「黄」や「ゴールド」といった大胆な色も、ポイント使いならコーディネートしやすいですね。上品で華やかなインテリアは、新年にお客様を迎える際におすすめです。

関連記事:

ピックアップ

旬を味わう、春のレシピ特集!日常ごはんから、ひなまつりやお花見に役立つ華やかなごちそうまで
バレンタインに!ホットケーキミックスで簡単、ナッツ de デコ チョコバナナマフィン
【お財布の整理術】習慣づけて、お金の貯まるお財布にしよう
くるくる白菜で味がしみしみ。胃が喜ぶ、疲れを癒す「白菜と鶏ひき肉の生姜スープ」 #今井真実さんの思い出レシピ