オートミールとは?種類・栄養・食べ方をはじめ健康やダイエットに良い理由を管理栄養士が解説!

オートミールとは?種類・栄養・食べ方をはじめ健康やダイエットに良い理由を管理栄養士が解説!

健康志向の方に注目されているオートミール。そもそもオートミールとは、どのような食べ物なのでしょうか?

また、健康やダイエットによいといわれる理由も気になりますよね。

初めてでもおいしく食べられる種類や食べ方を知り、ぜひオートミールに挑戦してみましょう!

今回の記事では「オートミール」について、管理栄養士が解説します。

オートミールとは?【主食となるシリアルの一種】

オートミールとは「オーツ麦(えん麦)」を食べやすく加工して作られるもので、シリアルのひとつです。
分類としては、米や小麦などと同じ主食(穀類)になり、海外では定番の主食です。

そのまま食べるほか、グラノーラやミューズリーの材料としても使われます。

オートミールは精白されずに外皮を残して加工されるため、外皮の豊富な栄養も丸ごと摂ることができます。
ほかの主食に比べ栄養豊富で低糖質、低カロリーなため、日本でも注目が高まっている食べ物です。

オートミールの食べ方は、牛乳やヨーグルトとあわせてシリアルのように食べるほか、雑炊やチャーハンなど米のようにも食べられ、さまざまな楽しみ方ができます。

オートミールが健康やダイエットによいといわれる理由とは

オートミールは栄養豊富で低糖質であることから、健康づくりやダイエットによいとして注目されています。

どのくらい優れているのかを見てみると、注目されている理由がわかりますよ。

鉄や食物繊維などの栄養が豊富!

オートミールは不足しがちな食物繊維や鉄、カルシウムなどの栄養素が豊富です。

白米との違いを1食あたりで比較すると、食物繊維は1.3倍、鉄は7.8倍、カルシウムは3.1倍もの含有量です。

毎日食べる主食から、これだけたくさんの栄養素が摂れるのはうれしいですよね。

食物繊維は腸活に役立ち、カルシウムは強い骨づくりに、また鉄は貧血の予防に欠かせない栄養素です。

食事が偏りがちな方、ダイエット中で栄養不足が気になる方、また赤ちゃんも食べられるため、あらゆる年代の栄養補給に役立ってくれます。

糖質・カロリーが低い&腹持ちがよくダイエットにぴったり

オートミールのもうひとつの魅力は、ほかの主食に比べると糖質が少なくカロリーが低い点です。

【1食あたりの比較】

出典:文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

白米や玄米に比べ、カロリーは半分以下、糖質は約1/3の量です。

さらに腹持ちがよいため、食べすぎ予防にもなります。
ダイエット中のつらい空腹も感じにくく、ダイエットの強い味方となってくれます。

実際にダイエット効果を検証した記事があるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。


最も効果的な【オートミールダイエット】のやり方!管理栄養士が実際に1週間チャレンジ!

オートミールを取り入れたダイエットは、効果を出すためには正しいやり方が大切です。
しかし、「オートミールっておいしくないのでは?」「本当に効果があるの?」と思う方もいるかもしれませんよね。

今回の記事では「オートミールダイエットのやり方」「おいしく続けるコツ」のほか、実際に管理栄養士が1週間チャレンジしてみた結果をお伝えします。

関連記事:

ピックアップ

おからパウダーの効果がすごい!ダイエット・便秘・美肌によい理由を解説【管理栄養士監修】
ダイソー「ドキュメントスタンド」で紙散らかり問題を解消!A4ファイルがインできて便利すぎ!
キウイ1個のカロリーは50~60kcalほど!グリーンとゴールドの違いや糖質量を管理栄養士が解説!
成城石井「ピッツァマルゲリータ」が最強!もっちり生地&とろ~り濃厚チーズでマニア激推し