「妊娠中にしておけばよかった!」出産から3年。未だに唯一できていないことは、夜の…【体験談】

「妊娠中にしておけばよかった!」出産から3年。未だに唯一できていないことは、夜の…【体験談】

私は妊娠5カ月に入ってから、赤ちゃんが生まれたらできなくなりそうなことや、行けなくなりそうな場所を予想して、妊娠中に無理のない程度に楽しんでおこうと心がけていました。そして娘が生まれ、まもなく出産から3年5カ月が経ちます。出産前にはわからなかった、赤ちゃんがいても楽しめたこと、未だにできていないことをご紹介します。


※コロナ禍前の体験談です

存分に楽しんだ妊娠期間

私は妊娠中、カフェや映画、漫画喫茶など静かな場所によく行きました。特にカフェはもともと好きだったこともあり、妊婦健診のあとには必ずと言っていいほどカフェに行っておいしいスイーツを食べ、読書を楽しんでいました。


次に私が楽しんだのは旅行です。健診の際に医師に相談し、「何かあったらすぐに受診できる距離ならいいよ」と許可をもらって、県内ですが温泉旅行に行くことができました。温泉を選んだ理由は、産後はゆっくりと湯船に浸かることもできなくなると思ったから。


そして、自宅では時間が許す限りとにかくダラダラと過ごし、好きな時間に起きて、好きな時間に寝るとても自由な時間を送っていました。私は「これで出産後しばらく遊べなくても頑張れるぞ」と思っていたのです。

予想外!赤ちゃんがいてもできた!

娘が生まれてから、私はしばらく自宅で過ごし、おでかけは散歩か近所のスーパーくらいでした。しかし意外にも娘が生後4カ月になるころには、家族3人でカフェに行くことができました。そして娘が生後6カ月になるころには、時々夫が休みの日に3時間ほどひとりで娘を見てくれたので、私は映画や漫画喫茶にも行くことができましたし、ダラダラと過ごすこともできたのです。


さらに娘が生後8カ月になったころ、同じ県内ではありますが家族3人で一泊温泉旅行にも行けました。 私が妊娠中にしていた「何もできないだろう」という予想は大きく外れ、赤ちゃんがいても何でも楽しむことができました。

関連記事:

ピックアップ

「ちょっと、何してるの!?」近所の子どもがわが家の庭で迷惑行為!保護者に伝えるべきか悩んだ結果
「ウトウトしていたらもったいない!」胎教を思い出しながら…授乳タイムが有意義になった心がけとは?
「ごめんっ、きちゃったみたい」デート当日に伝えると彼の反応は想像以上で!?
パワハラ娘がイケメンを前に豹変!?自分の黒歴史を思い出さずにはいられなかった話