「心不全」になりやすい人の特徴とならないための予防法を医師が解説

「心不全」になりやすい人の特徴とならないための予防法を医師が解説

昨今、「心不全パンデミック」という言葉もあるくらい、日本では心不全の患者数は増えています。一体、心不全とはどのような病気なのでしょうか。そもそも、どういう人が心不全になりやすいのでしょうか。今回は、「松井クリニック」の松井先生を取材しました。

心不全とは?

編集部

そもそも、心不全とはなんでしょうか?

松井先生

簡単に言えば、心臓のポンプ機能が低下して、全身の臓器へ必要な血液を送り出せなくなった状態のことです。間違いやすいのですが、心不全は病名ではなく、様々な疾患が引き起こす症候群のことを指します。

編集部

どのような疾患が心不全を引き起こすのでしょうか?

松井先生

例えば、心筋梗塞や弁膜症、心筋症、高血圧が続くことで心臓に大きな負担がかかります。こうした疾患を放置しておくと、やがて心不全に至ります。

編集部

心不全になると、どうなるのですか?

松井先生

体に必要な酸素や栄養素が全身に届きにくくなるので、呼吸困難になったり、疲労感を覚えやすくなったりします。また、全身の臓器や血管に血液が溜まりやすくなるので、急に体重が増加したり、むくみが起きたりすることもあります。

編集部

心不全をそのまま放置するとどうなるのですか?

松井先生

まず、心不全には急激に起きる「急性心不全」と、慢性化した「慢性心不全」があります。とくに急性心不全の場合は、放置すると死につながることもあります。他方で慢性心不全の場合、一見状態が落ち着いているように見えても、急激に症状が悪化することがあります。

心不全になりやすい人の特徴は?

編集部

「心不全になりやすい人」の特徴はあるのでしょうか?

松井先生

まず、心不全の原因として多いのは「心筋梗塞」、次に「高血圧」とされています。心筋梗塞は冠動脈が詰まってしまい、心筋が酸素不足で壊死してしまう疾患です。急性心筋梗塞が起きると急性心不全が引き起こされ、一度発症した人は繰り返し心不全が起こりやすくなります。また、心筋梗塞だけでなく、狭心症や心臓弁膜症を起こしたことがある人も、心不全を発症しやすくなります。

編集部

高血圧と心不全には、どのような関係があるのですか?

松井先生

高血圧が起きていると、心臓は強い圧力で血液を全身へ送り出さなければならず、どんどん心臓は疲弊してしまいます。そのため、心臓のポンプ機能が衰えて、心不全になりやすくなってしまうのです。

編集部

ほかにも「心不全になりやすい人」の特徴はありますか?

松井先生

とくに気をつけたいのは「糖尿病」です。糖尿病になると血液中の糖分が多くなり、その結果、動脈硬化を進行させて、狭心症や心筋梗塞を引き起こします。重症化すると心臓のポンプ機能が低下し、心不全につながることがあります。また、糖尿病が心筋にダメージを与え、心不全を発症させることもあります。

編集部

様々な病気が心不全につながるのですね。

松井先生

はい。そのほかに「腎臓病」も心臓に負担をかけるため、心不全を発症させやすいと言われています。とくに最近では慢性腎臓病(CKD)の患者さんが増えていますから、それに伴って心不全の患者さんも増加していると考えられます。

関連記事:

ピックアップ

「腰椎分離症」は放置すると危険?医師が徹底解説!
「神経ブロック注射」の種類・違い・効果などを医師が徹底解説!
「息苦しい」と感じる原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
【医師監修】背筋や首の違和感には要注意!「脊柱靱帯骨化症」とは?