「新型コロナウイルス感染後」子どもの心臓機能が悪化「後遺症を防ぐにはワクチンが有効」

「新型コロナウイルス感染後」子どもの心臓機能が悪化「後遺症を防ぐにはワクチンが有効」

自治医科大学附属病院などの調査で、新型コロナウイルスの感染から数週間後に心臓の働きなどが悪くなる「MIS-C(小児多系統炎症性症候群)」と診断されていた子どもが全国で少なくとも64人いたことが分かりました。こちらのニュースについて郷医師に伺いました。

監修医師:
郷 正憲(医師)

徳島赤十字病院勤務。著書は「看護師と研修医のための全身管理の本」。日本麻酔科学会専門医、ICLSコースディレクター、JB-POT。

自治医科大学附属病院などの調査内容とは?

自治医科大学附属病院などによる調査内容について教えてください。

郷先生

今回取り上げる自治医科大学附属病院などによる調査は、新型コロナウイルスに感染してから2~6週間後に子どもの心臓など複数の臓器の働きが悪くなる「MIS-C(小児多系統炎症性症候群)」についての内容です。今年の夏から自治医科大学附属病院の小児科医のグループなどが全国約2000の医療機関を対象に調査をおこなったところ、「日本でMIS-Cと診断された子どもは全国で少なくとも64人に上ること」がわかりました。なお、死亡例は現時点で報告されていません。MIS-Cの全国調査は、対象期間を2019年1月1日~2031年12月31日までとしていて、これまでにすでに診療された症例に関しては2カ月以内に、そして今後新たに診療する症例に関しては退院後1カ月以内を目処に報告するよう呼びかけています。

MIS-Cとは?

MIS-C(小児多系統炎症性症候群)について教えてください。

郷先生

2021年9月16日に改訂された「小児COVID-19関連多系統炎症性症候群(MIS-C/PIMS)診療コンセンサスステートメント」によると、MIS-Cは新型コロナウイルス感染後に毒素性ショック症候群や川崎病を疑わせるような多臓器系に強い炎症を起こす病態で、2020年4月から報告が相次いでいるとのことです。MIS-Cは、新型コロナウイルスに感染してから2~6週後に発症して、発症時にはすでにPCR陰性であることが多い傾向にあります。アメリカのMIS-C患者1733例の報告によると、発症する年齢の中央値は9歳で男児が57.6%とのことです。ほとんどのケースで発熱があり、胃腸症状、発疹、眼球結膜充血も多くみられます。また、過半数が低血圧やショックを伴っており、58.2%の患者が集中治療室での治療を要し、31.0%に心機能障害が認められたとのことです。

関連記事:

ピックアップ

「腹壁瘢痕ヘルニア」の症状・原因・発症しやすい人の特徴はご存知ですか?
認知症のリハビリはどんな内容をおこなっているのか 理学療法士が解説
「膝の裏が痛い」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
「30代女性の薄毛は治る?」原因・対策法について詳しく解説!