簡単テクで誰でも今っぽ顔に♡2022年冬の垢抜けメイクのやり方

こんにちはRicottaです。すっかり寒くなってきて、冬物ファッションに着替えたらメイクも冬仕様にチェンジがマスト!今回はこの冬おすすめの今っぽメイクのやり方をご紹介します。

垢抜け冬メイクの全体のポイント

絶対に押さえたい大きなポイントはこちらです!

・ツヤを味方につける

・乾燥知らずのベースメイク

冬は乾燥しがちだけれど、テカテカ・ペタペタのお肌はメイク崩れも気になるためNG。

うまくツヤ感を味方につけて、肌を綺麗に見せつつ、儚くも美しくもある守りたくなるようなメイクが垢抜けて見えます♡

そのために出来る簡単なテクをパーツごとにご紹介します。

︎アイメイク

ピンク系のアイシャドウをチョイス。冬は寒くて血色感が失われがちなので、ピンク系のブラウンを目元に仕込んでポッと温かな、可愛らしくも大人っぽくもなれるカラーで仕上げるのがおすすめです。

アイホール全体にピンクブラウンをフワッと乗せ、目尻を深みのあるカラーで締めます。

黒目の上に大粒のラメ、下に細かなラメのピンクベージュを細く乗せて守りたくなるようなアイメイクに。

※アイメイクについては、下の方で詳しく画像でご紹介します。

︎チーク

頬に横長に、さらに鼻先にちょこんとブラシで乗せましょう。パール入りのものだと血色感にプラスして、ツヤ感を出してくれておすすめ。

鼻先にもいれるとあどけなさが出て、儚くも可愛らしい印象に。

お肌はしっかり保湿しておくのが冬のメイクの基本。化粧水は2回塗り、乳液後は時間を置いてからメイクすると崩れ知らずの高保湿な肌になれちゃいます!

ハイライトを目頭・鼻根・Cゾーン・顎先・上唇に入れて立体的に。特に目頭と上唇に入れると、肌の保湿感が演出できる上に、大人っぽさも出せます。

︎リップ

マットめなリップを指でポンポン塗り。

自然と色付いたように彩ることで、肌馴染みも良く垢抜けにも繋がります。

どのパーツも簡単なテクで垢抜けが叶います♡中でも印象を左右するアイメイクを、より詳しく説明します。

アイメイクの最大のポイントはラメの使い分けと、ピンクのシャドウを上手に使うこと♡

① ピンク系のシャドウをブラシにとり、アイホール全体と下まぶたにぬります。ピンクみが強いものより、ブラウンっぽさのあるものをチョイス!
ブラシで乗せることで自然に馴染んでテクニックがあるように見えるのもポイント。二重のラインの少し上くらいまで色付けましょう。

② 目尻に、先ほどより深みのあるカラーをのせます。下まぶたには、細めのチップでまつ毛の際を埋めるように点置きしましょう。
また、黒目の上にラメシャドウを乗せて立体感をUP!

③ 下まぶたの黒目下に、ピンク系の細かなラメをのせます。チップで細めに入れていくことで寒さに潤んだような印象に。守りたくなるような儚さ・可愛さを纏いつもやりすぎ感のない愛らしさもある涙袋が完成します!これは今回のメイクでマストでトライしてほしいポイントでもあります。

仕上げにマスカラ、アイラインをお好みのタイプ・形で引いて完成です。

ピンク系のアイメイクは苦手、奥二重、一重だから使いたくない…という方は下まぶたにだけ使うのも◎。

アイホール全体はお好みのカラー、下まぶたの黒目下にのみフワッとピンク系を仕込むことで、寒さに潤んだ垢抜けアイメイクに簡単にトライできちゃいます♡

ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事:

michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。

ピックアップ

ダイソーさんコレ100円はやりすぎだよ!キッチンだけじゃもったいない!家中使える収納グッズ
今年のユニクロスカート…めっちゃ優秀じゃん!大人のコーデに活躍しすぎ!大優勝スカート
しまむらさん!どんだけ高見えな新作出すん?!売り切れ注意の新作アイテムリスト
グラデーションにしないのが正解!40歳からの今っぽ顔になれる垢抜けアイシャドウメイク3選