北海道・白糠町の新たな名産品“極寒ブリの漬け”が、ふるさと納税返礼品として登場!

ふるさと納税支援事業において地域と寄附者をつなぐ活動を行うイミューは、北海道・白糠町(しらぬかちょう)と共同で、土地の名産をブランディングする産品開発に取り組んでいる。この度、釧路沖を漁場とする白糠町において年々漁獲量が増えている「ブリ」を「極寒ブリ」と命名し、極上の味が楽しめる「漬け」として商品化。ふるさと納税返礼品として受付・発送を開始した。

温暖化で変わりゆく北海道の海

北海道釧路沖を漁場とする白糠町では、暖流と寒流が交わる豊かな漁場から、鮭・タラ・たこ・ししゃも・つぶ貝等、様々な海産物が水揚げされる。それらに加え、近年漁獲量が増えているのが「ブリ」だ。本来北海道より南の海で獲れる「ブリ」が、温暖化による海の環境変化で、暖流にのって道東の海域まで北上してきている。

旨味が強く脂のりが良い「極寒ブリ」

「ブリ」は高級魚であり大変美味しい魚だが、北海道の味覚としては認知されていないため、豊富に獲れても流通がしづらく、価値を感じてもらえないという点が課題だった。

そこで、白糠漁港に水揚げされる旨味が強く脂のりが良い天然ブリを「極寒ブリ」と命名。北海道白糠漁協で水揚げされること、船上活〆(放血)で1匹ずつ処理されていること、魚体が7kgを超えることを名称使用ルールとし、新たな白糠町の名産として育成を目指している。

関連記事:

ピックアップ

【東京都・大阪府・愛知県】伊勢丹新宿店は初出店!メレ・ド・ショコラが全国4店舗にて期間限定出店
【愛知県瀬戸市】特別展「アーツ・アンド・クラフツとデザイン」愛知県陶磁美術館にて開催
【兵庫県】SibaServiceがたつの市「子育て支援プロジェクト」へ寄附し感謝状を授与
ミスFLASH2023グランプリの3人による番組、マシェバラにて定期配信開始