「眠れない(不眠症)」と感じることはありませんか?医師が原因も解説!

「眠れない(不眠症)」と感じることはありませんか?医師が原因も解説!

夜眠れないときや寝つきが悪いときには、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?Medical DOC監修医が考えられる原因や対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

監修医師:
マイマイテイリ イマム(新宿アイランド内科クリニック 院長)

医師、医学博士。2009年新疆医科大学を卒業し、中国医師免許取得。2014年10月に血液悪性腫瘍の研究を志して、神戸大学大学院に入学。2019年3月に医学博士号と日本医師免許を取得。赤穂市民病院、亀田総合病院などを歴任後、2022年2月新宿アイランド内科クリニック院長に就任。内科全般の疾患を幅広く診療している。

「眠れない(不眠症)」症状で考えられる病気と対処法

寝ることは毎日のことですが、眠れない、眠りが浅いなど、悩みをかかえる方は多く、まさに現代病といえます。今回は不眠症で考えられる病気について解説します。

疲れているのに眠れない症状で考えられる原因と治し方

自律神経系には緊張している時に優位となる交感神経とリラックスしている時に優位になる副交感神経とがあります。疲れすぎていると、副交感神経が優位となるのではなく、交感神経が優位になることがあります。この場合にはまずは、交感神経を副交感神経に切り替える必要があります。身体や心の緊張をほぐすことが重要です。リラックスして過ごしましょう。

イライラして眠れない症状で考えられる原因と治し方

イライラは交感神経優位の状態です。まずはイライラの原因から離れ、除去するようにしましょう。
深い呼吸は自律神経を整える作用があります。ゆっくり深い呼吸をして、副交感神経を優位にしましょう。

寝付けない、寝付くまでに時間がかかって眠れない症状で考えられる原因と治し方

寝る前にコーヒーなどでカフェインを摂取していませんか?敏感な人は寝る前5-6時間前から控えるほうがよさそうです。
また寝る前のスマートフォンやテレビなどの電子機器の使用も控えましょう。
それでも寝付けない時には、一度病院で相談してみましょう。睡眠薬の中でも入眠をサポートする睡眠導入剤が効果的な場合があります。

ぐっすり眠れなくて眠りが浅い症状で考えられる原因と治し方

寝付けるからという理由で睡眠薬がわりにアルコールを飲む方もいらっしゃいますが、寝酒は睡眠の質を落とし、結果的に不眠症の原因になることがあります。寝る前の飲酒は避けましょう。

寝たり起きたりを繰り返して眠れない症状で考えられる原因と治し方

むずむず脚症候群は夕方から深夜にかけて脚の異常な感覚のため寝付けない、寝てもすぐ起きるなどの睡眠障害がでることがあります。
何かしらの病気が背景にある時には治療を行うと睡眠障害が改善することがあります。病院で相談しましょう。

女性が眠れなくなる症状で考えられる主な原因と治し方

更年期の女性の半数が不眠になるといわれています。
更年期症状はなかなかセルフケアだけでは改善しないことが多いので、症状が強い場合には婦人科でご相談ください。

男性が眠れなくなる症状で考えられる主な原因と治し方

更年期というと女性特有と思われるかもしれませんが、実は男性にも男性更年期障害という病気があり、不眠の原因になることもあります。
男性ホルモンが低下すると、不眠だけではなく抑うつ状態や、糖尿病や肥満、メタボリックシンドロームを合併する頻度が高くなります。不眠と共に男性ホルモン低下による症状でお悩みの場合には、泌尿器科でご相談ください。

子どもが眠れなくなる症状で考えられる主な原因と治し方

子どもの睡眠障害の原因として、代表的なものとしては、睡眠時無呼吸症候群があります。扁桃腺が通常より大きいアデノイドが原因で夜間のいびきや無呼吸を起こすと、夜眠れないので、日中に強い眠気や、多動、衝動行為、学習障害などを起こしてしまいます。まずは、子どもの寝方をよく観察しましょう。気になる症状があれば、早めに小児科や耳鼻咽喉科に相談しましょう。

すぐに病院へ行くべき「眠れない(不眠症)」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

不眠が続き生活に支障がでている場合は、精神科・内科へ

不眠は日常生活に大きな影響を与えます。また不眠がうつ病などの精神疾患や鉄欠乏性貧血などの内科の病気の一症状として出ていることもあります。
放置せずに、不眠が続く場合には、精神科や内科に相談ください。

受診・予防の目安となる「眠れない(不眠症)」のセルフチェック法

・不安が強く眠れないとき

・動悸や息苦しさの症状で眠れないとき、横になれないとき

・脚の違和感が強くて眠れないとき

・不眠が続き日常生活に支障がでているとき

関連記事:

ピックアップ

「腹壁瘢痕ヘルニア」の症状・原因・発症しやすい人の特徴はご存知ですか?
認知症のリハビリはどんな内容をおこなっているのか 理学療法士が解説
「膝の裏が痛い」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
「30代女性の薄毛は治る?」原因・対策法について詳しく解説!