40代はメイクで変わる!アラフォーの「+5歳老けメイク」vs「-5歳若見えメイク」のちがい

メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。アラフォーだしメイクしてもしなくても同じ…なんて思ってる人、もったいない!アラフォーさんこそ、メイクで大きく変わるんです。今回は「+5歳老けメイク」vs「-5歳若見えメイク」のちがいとポイントをご紹介します。

①アイシャドウの入れ方で-5歳メイク

アイシャドウの入れ方で+5歳老けメイクに見えるのは締め色の使い方が原因です。

目をはっきり見せたいからと、締め色を二重幅いっぱいにのせてしまうと目元が重たく見えてしまいます。

目元をすっきり見せつつメリハリも感じられる締め色の入れ方は、濃いカラーの場合はライン状に目尻に入れるか、ラインとして使うように入れるのがおすすめです。そうすると二重幅が潰れずすっきり見せられるのに、メリハリのあるアイメイクに仕上がります。

40代になると目元ががたれてきて重たく見えやすいので、締め色の使い方は特に意識しましょう。

②二重幅をリフトアップさせて-5歳メイク

40代になると気になってくる目尻のライン。

目が垂れることで目尻の二重幅が減ってきてタレ目っぽく見えてしまうので、それをあげようとしてアイラインを跳ね上げてしまうと老けて見えてしまいます。

最近人気のアイプチは擬似皮膚がはったように目尻をリフトアップしてくれるので、目のキワからあげたい箇所まで塗って乾かすだけで目尻の二重幅が広がります。

アイプチでは上がりにくい目の場合は、100均などでも手に入るアイテープでほんの少し二重幅を上にあげるだけでも若見えになります。

私のオススメアイテープはメッシュになっていて水で貼り付けるタイプのもの。アイシャドウを塗ってからテープを貼ってアイシャドウを重ねると、本当に目立ちにくいので便利です。

こうすることで、無理にアイラインで目尻をあげて描くよりも目元がリフトアップして見えますよ!

関連記事:

ピックアップ

ユニクロの名品ワイドパンツがパーフェクトに可愛い♡低身長さんがバランスよく着回すコーデ術
2023年垢抜けたい人はまずこれを覚えるべき♡基本の今っぽ眉の整え方
ダイソーさんデザインが天才すぎるよ…ずっと飾って眺めたくなる♡100均とは思えない文房具
セリアの収納グッズは見た目が優勝!100均とは思えない高級感♡家中で使いたくなる便利グッズ