「こんにちは」言われた瞬間、虐待通告を決意した。近所の親の異常な行動

「こんにちは」言われた瞬間、虐待通告を決意した。近所の親の異常な行動

(この漫画は、とあるママによる体験談をもとにしたものです)あなたは近所の家庭の虐待を疑ったことはありますか。そんな経験はしたくないものですが、もしも実際に虐待を受けている子が近所に住んでいたとしたら、なんとか救いたいと思いますよね。今回ご紹介する『近所のパパママを児相に通告した話』では、主人公が実際に児童相談所への通告を行う様子が描かれます。本作の見どころをご紹介しますね。

©ママリ

©ママリ

子どもの命を軽視。母親の態度に通告を決意

コロナ禍になってから、近所の家庭・中野家の親が子どもに対して暴言を吐いたり、暴力的な態度をとったりするのを見かけるようになった主人公。

それでも「もし虐待疑惑が勘違いだったら」と児童相談所への通告を行うことはしていなかったのですが、ある日事態は急展開を迎えます。

主人公が運転する車の前に、中野家の子どもが飛び出してきたのです。間一髪で事故には至らなかったものの、近くにいた母親は子どもに駆け寄ることもせず、スマホに夢中な様子。もはや子どもの命を大切にする気持ちも忘れてしまったのでしょうか。

わが子の命を軽視しているのではないか、と感じた主人公は、ついに通告を決意します。

勇気を出し、震える手でついに通告

©ママリ

©ママリ

自治体によって児童相談所への通告方法は異なります。主人公の住む自治体ではWEBでも通告可能だったようです。

実名で名乗るのは勇気がいる方もいるかもしれませんが、そんな方にとっては匿名で通告できることで心的ハードルが下がりそうです。

震える手で、ついに勇気を出して児童相談所に通告をした主人公。これでよい方向へ向かうといいのですが…。

関連記事:

ピックアップ

冬の上履き洗いがつらいママ必見【ダイソー】で見つけた洗濯神グッズ3選
知る人ぞ知る子ども靴「かるりんぱ」【バースデイ】ずっと欲しかったデザインを購入
個人情報を探られていた!児童館でたまに会うだけのママ友が怖すぎた話
婚約はしたけど、その先は?会えない時間が不安を大きくする『それだけで』