【山形県米沢市】高齢者専門宅配弁当サービスが米沢店を開業。宅配時の安否確認も

シニアライフクリエイトが展開する高齢者専門宅配弁当サービス「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」は、山形県では4店舗目となる米沢店を12月6日(火)にオープンする。

弁当の宅配と安否確認

「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」は、在宅の高齢者を中心に昼食・夕食を別々に届けるサービスを提供中。1日2回の訪問時には、手渡しによる見守り・安否確認を実践している。

また、訪問時に倒れているなどの異常が発見された場合には、速やかにケアマネジャーや家族と連動する地域密着型のサービスであることも特徴だ。

全国355店舗、山形県では4店舗目

そんな「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」は、12月1日(木)時点で全国に355店舗を展開し、月間約300万食を提供している。米沢店は、山形県では山形店・鶴岡店・酒田店に次ぐ4店舗目。米沢市が配達エリアに追加され、山形県内のより多くの高齢者に弁当を届けられるようになる。

米沢市で生まれ育った米沢店の平田オーナーは、地域の人々に恩返しできる機会を模索していたところ、配達時に安否確認を行う“ちょっとしたおせっかい”サービスに感銘を受け、同店のオープンに至ったという。

関連記事:

ピックアップ

3月始まりのデルフォニックスダイアリー全233柄が登場。アーティストとのコラボ柄も
【東京都中央区】サンリオクレープ号も!銀座松竹スクエアでスイーツをテーマにしたミニマルシェ開催
【東京都】立川の老舗質屋「質たからや」が大幅リニューアル!買取キャンペーンも実施中
【東京都】年齢・経験・職歴不問!短期プログラミング合宿「スパルタキャンプ in 東京」開催