発達障害の長女が次女を守ってくれた…胸が熱くなり、涙【ママの体験談】

発達障害の長女が次女を守ってくれた…胸が熱くなり、涙【ママの体験談】

この記事では、発達障害がある長女に感動した体験談をママが紹介しています。長女は2歳離れた次女よりも手がかかる状況で毎日を過ごしていたママ。ある日、長女が次女を守る姿を見て「お姉ちゃんとしての自覚があるんだ」と胸が熱くなり、感動して涙したそうです。

わが家の長女は仮死状態で生まれた影響で、発達障害があります。そのため、2歳離れた次女と同じように子育てをしているような状態でした。そんな長女と次女の子育てと、ある日の長女の行動に感動したできごとをお伝えしたいと思います。

長女は次女よりも手がかかる

長女は、そしゃく・言語障害などの発達障害があります。そのため、自分でじょうずに食事ができないため、年齢が上がってからも離乳食に近い食事を作り、赤ちゃんのように食べさせてきました。


また、トイレの感覚もわからないようで、何年もトイレトレーニングを続けたりと、赤ちゃんと同じような状態。2歳離れた妹が生まれたのですが、赤ちゃんの次女よりも長女に手がかかる状況で毎日を過ごしていました。

姉妹同じように子育てをしている状態

2歳違いの姉妹ですが、同じように子育てをしているような状態の日々。一緒にごはんを食べさせてあげて、一緒におむつを替えて、一緒に寝かしつけて……。


さらに、次女が2歳ごろになると、魔の2歳児が2人いる状態で、かなり大変な毎日になりました。2人とも「自分でやりたい」という意思が強くなり、お互いにライバル心も芽生え、お世話は大変でしたがその分お互いに成長したようにも感じました。

関連記事:

ピックアップ

「そんなあっさり!?」結婚を後押ししたのは意外にも…/さぁ恋
「ばっちぃ〜ん!!」うぎゃあああ!陣痛より痛いなんて聞いてない!【出産体験談】
「何だかいろいろ込み上げてくる…」何をしても苦しい地獄が始まって…【2人目は巨大児11】
「なんで赤いの?」生理中の長時間会議で漏れた!しかも男性に指摘され…