”突っ張り棒”がキレイ&ラク家事に繋がる?!片付けのプロが実践している「玄関収納のコツ」

狭い玄関をもっと上手に活用したい!砂埃が多いので掃除がしやすい玄関にしたい!そんな悩みを抱えたことはありませんか?今回は整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)が突っ張り棒を使った玄関のお片づけテクニックをご紹介いたします。

玄関のお悩みには「突っ張り棒」が大活躍!

昔から玄関は「家の顔」と言われるくらい大切な場所。

ご近所の人と会話をしたり、宅配便の荷物を受け取ったりなど意外と人目に晒されることの多い場所であると同時に、外から帰ってきた自分自身や家族を一番に向かい入れてくれる場所であり、家に入るときには必ず通る場所です。

他人の目に入っても恥ずかしくないように、帰宅したときにホッとする空間であるように玄関をスッキリと整えることは毎日の暮らしにおいてとても重要なことです。

そんな、玄関の収納でよく聞くお悩みは2つ!

(1)収納が少ない

(2)掃除が大変

実は、この2つの悩みに突っ張り棒が大活躍。

それでは早速、どう使うのかご紹介しましょう。

(1)収納力をアップさせたい時

例えば、靴箱の棚板の数を増やせばもっと収納できるのに!という時には突っ張り棒で簡単に棚を増やすことができます。

革靴や運動靴などの低い靴の上の空間を生かして、折り畳み傘や雨ガッパの収納をするのはいかがでしょうか?

手前の突っ張り棒を少しだけ高く設置するとスプレー缶が転がりにくくなります。

靴用クリームやシューケア用品など突っ張り棒の間から落ちてしまいそうな大きさの物の場合は上にメッシュパネルを敷き、結束バンドで固定すると使いやすくなります。

このメッシュパネル+突っ張り棒は横向きに使うだけではなく、縦に設置するのもおすすめ。

縦に設置することでS字フックや棚などを設置できる便利な「壁」として使うことができるようになります。

マスクや鍵の置き場として使うのはいかがでしょうか?

また、ビーチサンダルなどのように厚みがない履物は壁に沿って突っ張り棒を一本通し、立てて収納すると省スペースに保管することができます。

ただし、奥に置いた靴は取り出しにくいのでシーズンオフの靴を収納するのがおすすめです。

関連記事: