ジェイミー・リン・スピアーズ、女優業に復帰へ

ジェイミー・リン・スピアーズ、女優業に復帰へ

ジェイミー・リン・スピアーズが女優業に復帰する。シェリル・ウッズ原作のネットフリックス作品『スウィート・マグノリアズ』でノリーン・フィッツギボンズを演じるジェイミーにとって、2008年のABCのシットコム『ミス・ガイデッド』以来10年振りの出演となる。

ブリトニー・スピアーズの妹としても知られるジェイミーは、こうツイートしている。「母親(であるジェイミー)が仕事に復帰する」「ノリーンに会ってもらうのが待ち遠しい!!この物語が気に入ったし、出演できることに感激している」

一方のネットフリックスは、「ジェイミー・リン・スピアーズがシェリル・ウッズ原作の新作『スウィート・マグノリアズ』のキャスト陣に加わりました」「スピアーズは、悪い選択をしまった後に、新しい生活をはじめようと決意する若い女性ノリーン・フィッツギボンズを演じます」とコメントしている。

本作には、モニカ・ポッターやブルック・エリオット、ヘザー・ヘッドリー、クリス・クライン、ジャスティン・ブルーニングらが出演する。

一方でニコロデオンの『ゾーイ101』で主人公ゾーイ・ブルックスを演じたジェイミーだが、16歳だった2007年に妊娠を発表し、同ドラマは打ち切りとなった。

17歳になった2008年に元婚約者ケイシー・アルリッジとの第1子となる女児を出産したジェイミーは以前、良い母親になるには年齢は関係ないと自覚するまで、最年少の母親であると意識するあまり、自身の子育ての能力に関して考えすぎてしまったと明かしている。

しかし現夫ジェイミー・ワトソンとの間にもう1人娘がいるジェイミーは、他の母親と比べるべきではないという結論に今は至っているようだ。

ブラッド・ピット、イギリスの美術館を貸切ツアー http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1851801

2 Tue, 02 Jul 2019 17:00:00 +0100 BST 1851801




ブラッド・ピットがロンドンのテート・モダン美術館でプライベートツアーを受けたようだ。美術愛好家として知られるブラッドは先月、現在ジェニー・ホルツァーとナターリヤ・ゴンチャローワの特別展と「マジック・リアリズム:アート・イン・ヴァイマル・ジャーマニー1919-33」を開催中の同美術館閉館後、キュレーターにより個人的な説明を受けながら鑑賞して回ったようだとニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄は報じている。

製作に参加した映画『ムーンライト』が2017年度のアカデミー作品賞に輝いた際、彫刻の制作に多忙なためにブラッドが式典を欠席したことは有名で、当時はイギリス出身アーティストのトーマス・ハウシーゴと協力して、ロサンゼルス内のスタジオにておよそ10日間作業に没頭していたと言われていた。

2012年にはフランク・ポラロと提携して高級家具を発売したこともあるブラッドは、以前にもギャラリーや美術館で一人静かな時間を過ごすのが好きだと明かしていたこともある。

また、元妻アンジェリーナ・ジョリーも芸術好きであるため、結婚中にはバンクシーやエド・ルシェ、スクーニーなど計2500万ドル(約27億円)相当の作品を購入していたと言われている。

]]>
Showbiz
2019-07-03 01:36:30 http://feeds.bangshowbiz.com/feeds/?id=1851746 http://feeds.bangshowbiz.com/i.php?k=952a13dd0e26413878477e0f0de4fb606cd6abb6 エンタメ しない 一覧 MYMAGAZINE_ON エンタメ 海外スターの最新ニュース

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ