夫婦別姓で離婚率は本当に上がる?50%以上は家族の絆に変化なしと回答!

夫婦別姓で離婚率は本当に上がる?50%以上は家族の絆に変化なしと回答!

夫婦別姓についてさまざまな意見がありますが、反対派の主張の1つとして『家族の絆が薄まり、離婚しやすくなる』『離婚率が上がるのではないか』という不安があるようです。この記事では、夫婦別姓と離婚について、国民はどのように思っているのかご紹介します。

夫婦別姓についてさまざまな意見がありますが、反対派の主張の1つとして『家族の絆が薄まり、離婚しやすくなる』『離婚率が上がるのではないか』という不安があるようです。

 

たしかに海外では、日本より離婚率が高い夫婦別姓の国もあります。しかし、離婚率が高い原因が『夫婦別姓だから』と一概に言い切るのは難しいでしょう。

 

この記事では、夫婦別姓と離婚について、国民はどのように思っているのかご紹介します。また、弁護士に夫婦別姓が導入された後にどのようになりそうかを聞いてみました。

 

 

夫婦別姓により離婚しやすくなることを懸念する声

夫婦別姓の賛否に関して、さまざまな意見があります。別姓にしたことにより離婚する人が増えることを懸念する人も少なくないようです。

 

僕は夫婦別姓には反対。
これの理由は 家族観 が今とは全く異質のものになってしまう可能性があるから。 やはり家族は家族なんだよ。 今も事実婚だ離婚だと家族観は変わってきてる気がする。でも親が最低限持つべき気持ち、夫婦で子供を育てあげるという意志より自分たちのために動くのはいかんと思う

— しゃどー (@shade_exprail) 2018年6月22日

TVが夫婦別姓を煽動してる
夫婦別姓なんかにしたら、結婚の意味が薄れて離婚率高くなるだろうに

— ∮ た っ ぽ ー ∮ (@ta_ppo_dayo) 2015年12月19日

 

たしかに夫婦同姓の場合、手続きなどが面倒くさくて離婚しないことを選択する人もいるでしょう。しかし、そのようなことを理由に、離婚を我慢して生活するのもよいとはいえませんよね。

 

夫婦別姓と家族の絆について、どのように思っている人が多いのでしょうか。

 

50%以上は夫婦別姓でも家族の絆に変化なしと回答!

意外なことに、『夫婦別姓によって家族の絆に影響があるか?』といった質問に対し、男女共に50%以上の人が『絆が弱まる事はないと思う』と答えました。

 

(参考:家族の法制に関する世論調査|内閣府大臣官房政府広報室)

 

また、年齢別に見ても、どの年代でも50%以上の人が『絆が弱まる事はないと思う』と回答しています。夫婦別姓なると離婚する夫婦が増えるとは、一概に言えないのかもしれません。

 

ピックアップ

FAITプログラムとは?|白梅学園大学福丸教授、立教大学山田教授に取材
諸外国の親権制度から読み解く子どもの福祉|子どもの福祉のために知るべきこと
マインドフルネス瞑想の効果や実践方法とは?駿河台大学相馬先生にインタビュー
面会交流で子どもの福祉を実現させる方法と問題点とは?|東北学院大学遠藤教授に取材