うんざり!妻が夜の夫婦生活をうまくいかないと感じる瞬間

うんざり!妻が夜の夫婦生活をうまくいかないと感じる瞬間

夜の夫婦生活がうまくいかない原因はさまざまです。解消しないままにしてしまうと、セックスレスになってしまったり、不倫にはしってしまったりして、最悪の場合離婚に発展するかもしれません。この記事では、妻が夫婦生活に不満を感じる瞬間や、その解消法についてご紹介します。

夜の夫婦生活がうまくいかない原因はさまざまです。解消しないままにしてしまうと、セックスレスになってしまったり、不倫に走ってしまったりして、最悪の場合離婚に発展するかもしれません。

 

ですが、このような悩みは他人に相談しづらいですよね。この記事では、妻が夫婦生活に不満を感じる瞬間や、その解消法についてご紹介します。

 

 

夫婦生活の内容に不満を感じている妻は多い!

夫に求められずセックスレスになるのは嫌ですが、そうでなくとも、内容によっても不満を感じてしまうでしょう。ここでは、どのような不満が多いのかご紹介します。

 

■マンネリ化している

交際期間や結婚してからの期間が長かったり、回数が多く毎日のように夫婦生活があったりしてしまうと、マンネリ化することもあります。

 

飽きた・・・というのはお互いだと思っています。エッチをしながらまたこのパターン・・・と思ってみたり本当に楽しくないんです。(引用:旦那とのSEXに飽きました|Yahoo!知恵袋)

 

好きという気持ちがあっても、毎回同じパターンだと飽きてしまうのは、なにごとも同じです。あまりにもマンネリ化が進んでしまうと、浮気に走る原因になってしまいます。

 

もちろん浮気は、慰謝料請求ができる離婚の原因になってしまいます。体位を変えてみたり(四十八手や外国の物を取り入れてみるなど)雰囲気や場所を変えてみたりするのも1つの解決策です。

 

『夫婦がお互いに好奇心旺盛だとセックスレスにならない』という話もありますので、新しいことに夫婦でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

■夫の性癖にうんざりしている

妻に対し性癖を発揮できるのは悪いことではありませんが、毎回相手の性癖につき合わされながらの行為は、若干うんざりしてしまいますよね。

 

フェチなのは付き合って初期の頃から知ってはいましたが、さすがに毎回(週1~2回ペース)はうんざりしてきました。(引用:旦那の性癖にちょっとうんざりです。|Yahoo!知恵袋)

 

妻側も楽しめるような性癖であればよいですが、妻側がまったく楽しいと思わない内容の場合「つまんない」と思ってしまうのは当然でしょう。

 

性癖はなおる可能性が低いので、相手と自分の妥協点(少しフェチを我慢してもらうなど)を見つけるしかありません。

 

もっとも、異常な性癖の強要は、性的DVやモラハラに該当します。このことが原因で離婚をする場合は、慰謝料請求が認められやすくなるでしょう。

 

■雑に扱われていると感じる

回数を求められても、内容が雑では不満が残ってしまいますよね。

 

毎回私が奉仕して、そのまま挿入。5分足らずで終了。もしくは、なにもせずいきなり挿入。終了。本当に雑な扱いです。。(引用:自分本位な夫婦生活について。。|教えて!goo)

 

特に時間が短いと愛情を感じませんし、あまり行為をしたという実感もないでしょう。

 

夫婦生活は愛情を感じたりコミュニケーションをとることが目的だったりしますので、あまりにも雑だと、している意味がないと感じてしまってもしかたありませんよね。

 

もっと時間をかけてもらうように、話し合ってみるのもよいでしょう。

 

 

性行為自体を苦手に感じる妻もいる

行為自体が苦手だという女性も少なくありません。特に男性経験が少ない女性は嫌悪感すら持っていることもあるでしょう。また、性欲があまりなく、行為の必要性を感じない人もいます。

 

私はそもそもにセックス自体があまり好きではないみたいで、挿入時もその前にどんな事されようとハッキリ言って思いっきり痛いです。怖いです。なので、どうしても顔にも出てしまいます。(引用:夜の夫婦生活について|Yahoo!知恵袋)

 

妻側が夫婦生活に対して痛がっていたり嫌がっていたりしてしまうと夫側も罪悪感を持ってしまい、行為に誘うことをためらうようになってしまいます。

 

妻の拒絶に「愛されていないのでは…」と感じて寂しい思いをすることは十分にあります。妻が何度も拒絶してしまうことで夫も傷つき誘うのをやめてしまい、結果的にセックスレスになってしまいます。

 

夫婦生活を苦痛に思っている妻は、誘われなくなることで安心するかもしれませんが、子供ができないだけではなく不倫や離婚に発展する可能性があります。

 

 

ピックアップ

FAITプログラムとは?|白梅学園大学福丸教授、立教大学山田教授に取材
諸外国の親権制度から読み解く子どもの福祉|子どもの福祉のために知るべきこと
マインドフルネス瞑想の効果や実践方法とは?駿河台大学相馬先生にインタビュー
面会交流で子どもの福祉を実現させる方法と問題点とは?|東北学院大学遠藤教授に取材