ジェームズ・ワン、『アクアマン』スピンオフとなる新作ホラー映画の監督へ

ジェームズ・ワン、『アクアマン』スピンオフとなる新作ホラー映画の監督へ

ジェームズ・ワンが新作ホラー映画でメガホンを取るようだ。『死霊館』や『ソウ』などホラー映画でその名を馳せながらも、最近は『アクアマン』や『ワイルド・スピードSKY MISSION』など新たなジャンルに挑戦していたワン監督だが、『アクアマン』に登場した怪物トレンチを描く新作で、ホラーのルーツに戻ることになりそうだ。

2018年公開の『アクアマン』の中でジェイソン・モモア演じるアクアマンとその恋人メラを襲ったトレンチは、今回の新作でそのホラー面に重点が置かれることになるようだ。

ワンはこう説明している。「まだ脚本の構想を立てている段階だから、あまり詳細については触れたくないんだけど、間違いなくホラー寄りにしたい作品だ。だからスーパーヒーロー映画というよりもモンスターホラー映画になると思うけど、『アクアマン』の世界であることに変わりはない」

ホラー映画好きのワンは以前から、バットマンの暗黒面とゴッサムシティを掘り下げるホラーバージョンの『バットマン』を作りたいと口にしていたこともある。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ