ラクにお片付けができる!保育士がおすすめするおもちゃ収納術【ラクに楽しく♪特集】

ラクにお片付けができる!保育士がおすすめするおもちゃ収納術【ラクに楽しく♪特集】

保育士の中田馨さんが1歳からできるお片付けの方法を紹介しています。環境づくりやお片付けのステップ、保育所での工夫などをまとめて解説!
赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、保育士の中田さんからメッセージです。

こんにちは、保育士の中田馨です。1歳を過ぎたころから少しずつ取り入れていきたい生活習慣のひとつが「お片付け」。言葉の理解がまだ未発達な1歳の子どもには、「片付けて」と説明しても伝わりません。


毎日使うおもちゃを自分で片付けられるようになるには、何がどこにあるか分かりやすい環境づくりと、片付けるのが楽しいと思える雰囲気づくりをすることが必要です。今回は、お片付けがラクに楽しくなるように、1歳からできるお片付けのコツと保育所のおもちゃ棚の工夫を紹介します。

片付けやすい環境をつくる

まずは、子どもが片付けしやすい環境をつくります。そのためには「何がどこにあるかを明確にする」ことが大切です。


■絵本やおもちゃの数を適量にする
よく取り出して遊ぶおもちゃを厳選します。今使わないおもちゃや時々しか使わないおもちゃはしまいます。1~2カ月に1回、発達や興味関心に合わせて絵本とおもちゃの見直しをして入れ替えます。


■おもちゃを種類分けする
全てのおもちゃを一つの箱にごちゃまぜで入れるのではなく、「車は車」「おままごとセットはおままごとセット」といったように種類に分けて収納します。そうすることで、子どもがどこに何を片付ければいいかが分かります。


■子どもの手の届く場所に収納
子どもが自分で収納できる高さに、おもちゃの箱を置きましょう。箱の中や本棚は、詰め込みすぎずに入れ、少し余裕を持つのがポイントです。

楽しく自分で片付けができるようになるステップ

子どもが楽しく片付けをするために、親ができることはまだまだあります。

1. 遊びにする
お片付けを教え込むというよりは、普段の遊びのひとつとして取り入れます。運動会のかけっこのBGMを口ずさみながら「よーいどん!」と競争してもいいですし、ブロックを色分けして入れてもいいですね。子どもがやる気になるような声かけをしてみましょう。

2. 子どものペースに合わせる
ゆっくり片付けたり、片付けをしている途中で遊びだしたりと、子どもの時間は子どものペースで進んでいます。子どものペースに合わせるためにも、早めに「片付けしよう」と声かけをします。

3. できたら褒める
片付けられたら「上手にできたね!」と、めいいっぱい褒めてあげましょう。褒めてもらうことで子どもの自信につながります。


4. 全て片付けなくてもOK
全てきれいになるまでやってほしい! という気持ちはわかりますが、まずは、おもちゃ1つを箱に入れるところからでOKです。大切なのは、片付けの時間を少しでもいいので取り入れ、生活習慣にしていくことです。最初から全て片付けることに重点を置くと、遊びではなくなってしまいます。

関連記事:

ピックアップ

RTランキング日本1位!義母の手作りままごとセットがおもちゃの域を超えてると話題!
「本当に終わったんだ…」ついに入籍日!彼は意外と…?/結婚相談所-入籍編-
指が危ない!便利グッズも意味なし!?引き出しを開けたがる赤ちゃんに効果的だった意外な対策
「絶対忘れられない」面会NG!コロナ禍の入院準備/40代婦人科トラブル#43