夏の疲れからくる“秋バテ”の対処法は?疲れ、だるさ、めまいに要注意!

夏の疲れからくる“秋バテ”の対処法は?疲れ、だるさ、めまいに要注意!

秋の気配も感じ始めるこの時季。夏の疲れが一気に押し寄せる“秋バテ”になる人も多いのだとか。漢方に詳しい薬剤師・カガエ カンポウ ブティック漢方カウンセラーの上之原静佳さんに秋バテ対策を教えてもらった。

秋バテは夏の暑さでエネルギーが消耗した状態





ようやく真夏の暑さから解放され、過ごしやすい季節になってきたはずなのに、疲れやだるさがとれないといったことはない? そんな人はこの時季特有の“秋バテ”の状態になっているのかも。なかにはめまいや立ちくらみ、胃のもたれがある人も。

「秋は夏に消耗したエネルギーを回復させて養い、冬に備える時季。それにも関わらず、夏と同じようにアクティブに動くような生活を続けていると、夏の疲れがとれずに自律神経が乱れ、秋バテになりやすいのです」(上之原さん)
日中は暑いとはいえ朝晩は気温が下がり、1日の中で気温差があるほか、日によっても気温差が大きいため、さらに不調になりやすいというわけ。



秋バテの特徴的な症状がめまい





自律神経の乱れによって、起こりやすいのが“めまい”。めまいにはさまざまなタイプがあるけれど、「ふらふらする」「倒れそうになる」「目の前が暗くなる」といった症状がある場合、エネルギー不足が原因かも。

「エネルギーを補うためには、まず休養をしっかりとることが大切。山芋やもち米、豆腐など、エネルギーを補う食材を食べるのもおすすめです。胃腸が弱っている場合には、エネルギーがうまく取り込めないので、おかゆなど胃にやさしいものも取り入れてみて」(上之原さん)



関連記事:

ピックアップ

FANCL(ファンケル)のクリスマスコフレ2021!ブランドが誇る最先端の美容液をセットに
Kiehls(キールズ)のクリスマス限定コスメ2021!アイコニックなアイテムが大集合
デコレーションできるアソートボックスも。「グランド ハイアット 東京」の【クリスマスケーキ2021】
いちごやバラが彩る華やかなケーキがずらり。日本橋三越本店の【クリスマスケーキ2021】