ケアを怠ると5歳老ける!?今こそやっておきたい秋のスキンケア

ケアを怠ると5歳老ける!?今こそやっておきたい秋のスキンケア

秋の気配を感じる今日この頃。日差しも柔らかくなり、ホッとしている人も多いのでは? でもそんな今こそ、実はお肌にとって危険な時期。夏の間に浴びた紫外線のダメージが、肌に出てくる季節です。逆に言えば、秋口にスキンケアに気遣っておけば、美肌への道がスムーズになるかも!? 今こそやっておくべきお肌のケアや秘訣を、美肌作りのプロ・美容家の深澤亜希さんに伺いました。

“女性は夏に5歳老ける”!? 早めのケアが肝心。まずはターンオーバーを整えよう





「“女性は夏に5歳老ける”と言われています。夏の直後である秋冬にケアを怠ると、本当にお肌が+5歳老けてしまう可能性があります」と深澤さん。美容も病気と同じように、未然のケアがいちばんだそう。それでもトラブルが起きてしまった場合は、早期に対処することが、時間もお金も最小限で改善できる秘訣。だからこそ、秋冬にしっかりケアすることが大切なんだとか。

「まず表れてきやすいのが、肌のくすみや、シミが濃くなるなどです。強い紫外線をたくさん浴びたことでメラニンが生成され、さらにターンオーバーが乱れ、乾燥も招くことに。これによってシミが濃くなったり、肌全体がうっすらくすみます」(深澤さん)。

このようにして一度できてしまったシミやくすみは、排出することでしかなくならないそう。だからまずは、肌のターンオーバーを整えるケアが大切なんだとか。「ターンオーバーを促して、整えてくれるアイテムを、いつものケアにプラスするのが得策です。ピーリングやゴマージュ、美容液タイプのものなどいろいろ出ているので、自分の肌にあったものを選ぶようにしましょう」(深澤さん)。



ひどい乾燥やゴワつき、肌荒れもおこりやすい時期。そんな人は、秋だけでもクリームを導入しては?





ほかにもしておいてほうがいいケアは?
「肌のひどい乾燥や、肌荒れを感じている人も多いのでは? 強い紫外線は肌を乾燥させますが、先ほども言ったとおりターンオーバーをも乱すため、さらに乾燥が助長されます。このため肌のバリア機能も低下するので、肌荒れもおきやすい状態になります」と深澤さん。こうなると角質も溜まって厚くなり、肌がゴワつく、いくらスキンケアをしても浸透しない、という状態になっていくそう。

「肌の極度の乾燥には、クリームを投入するのがおすすめです。スキンケアの一番最後に、先にここまででケアしたアイテムの成分を、肌に密閉させるような気持ちでクリームを塗りましょう。ポイントは、説明書に書いてある規定量の1.5倍ほど、たっぷり多めに塗ることです」(深澤さん)。また、塗るときには、お湯などで手を温めてからクリームをとるのもおすすめ。全体に塗ったら、最後は顔全体を手のひらで覆うようにしてハンドプレスし、温めてじっくり浸透させるようにするとさらに効果的だそう。
「クリームを塗ることで高い保湿効果が期待できるうえ、肌が柔らかくなる効果も。また、クリームの前にシートマスクを取り入れるのも、この時期おすすめです」(深澤さん)。



関連記事:

ピックアップ

FANCL(ファンケル)のクリスマスコフレ2021!ブランドが誇る最先端の美容液をセットに
Kiehls(キールズ)のクリスマス限定コスメ2021!アイコニックなアイテムが大集合
デコレーションできるアソートボックスも。「グランド ハイアット 東京」の【クリスマスケーキ2021】
いちごやバラが彩る華やかなケーキがずらり。日本橋三越本店の【クリスマスケーキ2021】