約200点の貴重な展示品が見られる日本で最後のチャンス!天王洲で『スター・ウォーズ(TM)』の大展覧会

約200点の貴重な展示品が見られる日本で最後のチャンス!天王洲で『スター・ウォーズ(TM)』の大展覧会

映画「スター・ウォーズ」は、2019年12月の最新作公開を前に、8月8日(木)から2020年1月13日(月・祝)まで、天王洲の寺田倉庫で大展覧会「スター・ウォーズ(TM)アイデンティティーズ:ザ・エキシビション」を開催中。日本での展示はこれが最後に。

映画で実際に使用された衣装や道具など膨大なコレクションを展示





(C)&TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

スカイウォーカー家の物語を描く『スター・ウォーズ』完結編、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が公開されるのを記念して行われている世界巡回展「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」(スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビション)。今回の展覧会は、その日本展となる。

会場には、映画の中で実際に俳優が着た衣装や使われた小道具、セットの模型やキャラクター設定のために描かれたコンセプトアートなど、貴重な展示物が並ぶ。





(C)&TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

これらの展示品は、今後、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museum(ルーカスフィルム・ミュージアム)に収蔵されるため、これだけの規模で展示品を見られるのは、日本では最後のチャンスになるという。

ダース・ベイダーやR2-D2、ヨーダなど、人気のキャラクターが揃う会場では、懐かしい人に会えた気分で楽しめそう。



自分の個性を反映させた『スター・ウォーズ』ヒーロー誕生





(C)&TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

注目のコンテンツは、入場時に配布されるIDつきのブレスレットを身に着けて、会場内にある10箇所のインタラクティブスペースを巡る「インタラクティブ・クエスト」。そこで出題される質問にブレスレットをタッチしながら回答していくと、それがデータとなって、来場者の性格や考え方が反映されたオリジナルのキャラクターを作ることができる。

キャラクターの種類は5000万通り以上あるので、彼や女友達とキャラがかぶる心配もないし、相手が本当はどんなアイデンティティーを持った人なのか、ちょっと垣間見えるかも。

さらに、ここで誕生したキャラクターは、自分のパソコンやスマホにも転送でき、SNSでもシェアできる。自分だけの『スター・ウォーズ』ヒーローを創り出して、仲間になろう。



関連記事:

ピックアップ

FANCL(ファンケル)のクリスマスコフレ2021!ブランドが誇る最先端の美容液をセットに
Kiehls(キールズ)のクリスマス限定コスメ2021!アイコニックなアイテムが大集合
デコレーションできるアソートボックスも。「グランド ハイアット 東京」の【クリスマスケーキ2021】
いちごやバラが彩る華やかなケーキがずらり。日本橋三越本店の【クリスマスケーキ2021】