年金事務所から「赤い封筒」が届いた! 無視するとヤバいって本当!?

20歳以上60歳未満で日本に住む人は、国民年金保険料の納付が義務とされています。しかし、保険料の未納が続くと年金事務所から「赤い封筒」が自宅に届きます。本記事では、「赤い封筒」の中身と、届いた場合の対処法について解説します。

自営業や無職の人は国民年金保険料を自分で納付する必要がある

日本の公的年金制度には国民年金と厚生年金があり、厚生年金は会社員や公務員などが加入します。国民年金は20歳以上60歳未満のすべての日本に住む人が加入します。自営業や専業主婦(主夫)、学生、無職の場合も加入対象です。

 

国民年金保険料は1ヶ月あたり1万6520円(2023年度)であり、20歳から60歳までの40年間納付することで1ヶ月あたり6万6250円の老齢基礎年金を受給することができます。

 

会社員などの場合、給与明細を見ると厚生年金保険料が天引きされているかと思います。厚生年金保険料を支払うことによって国民年金にも加入していることになりますが、自営業などの場合は自分で保険料を納付する必要があります。

 

なお、配偶者が厚生年金に加入している専業主婦(主夫)は自身での保険料の納付は不要です。

 

「赤い封筒」の正体は?

国民年金保険料の納付は義務ですが、経済的に苦しい、将来年金はもらえるかわからないから納付したくないなどの理由から、未納としている場合もあるかもしれません。「赤い封筒」は、未納が続く場合に年金事務所から送られてくる最終催告状です。

 

国民年金保険料が未納だと、年金事務所から「支払ってください」とハガキ(催告状)が届きます。ハガキを無視していると、特別催告状が届くようになります。特別催告状は封筒に入っており、一般的には最初は封筒が青色で、滞納が続くと黄色、赤色(ピンク色)へと深刻度に応じて変化します(図表1)。

 

図表1

 

 

日本年金機構 日本年金機構の取り組み(国民年金保険料の強制徴収)より筆者作成

 

関連記事: