【動物園】オランウータンのスカイウォークは必見!野生の姿をのぞき見できる「多摩動物公園」

【動物園】オランウータンのスカイウォークは必見!野生の姿をのぞき見できる「多摩動物公園」

都内にありながらたくさんの緑に囲まれた園内で、のびのびと動物たちが過ごしている「多摩動物公園」。高さ15mにかけられたロープをダイナミックに渡る「オランウータンのスカイウォーク」など、野生での行動を引き出す工夫がたくさん。見どころや人気の動物、料金&アクセスを編集部が紹介します

空を渡るオランウータンなど、のびのび暮らす動物たちに会いに行こう

都内にありながらたくさんの緑に囲まれ、広大な敷地を持つ多摩動物公園。2019年5月生まれの3頭の赤ちゃんも含めたキリンの群れ展示や、高さ15mのタワーにかけられた長さ150mのロープを、オランウータンがダイナミックに渡っていく「オランウータンのスカイウォーク(毎日11:30~、猛暑日は中止)」など、動物の野生らしい行動をお客さんも楽しめる工夫がされている。

さらに1年中美しい蝶が飛び回る姿を見られる楽園のような大温室や、オーストラリアの洞窟にすむ様子を再現し、暗い中で星空のように発光する姿が見られるグローワームの展示など、珍しい展示が魅力的な昆虫園はデートにもおすすめ。

日本でここでしか見られないタスマニアデビルや人気のコアラも

(左)タスマニアデビル/(右)ユキヒョウ

オーストラリアで絶滅の危機にある「タスマニアデビル」を見ることができるのは、日本で多摩動物公園だけ。クマのようなかわいらしい顔からは想像できない、名前の由来にもなったとも言われる恐ろしい鳴き声は、ぜひ一度聞いてみたいもの。

ほかにも関東でも数園でしか見られない人気のコアラや、銀色の体が美しいユキヒョウやゴールデンターキンなど、さまざまな珍しい動物に出会える。寝ていることが多いコアラは、飼育係によるエサやりタイム(13:30~)に、積極的に動く姿が見られるかも。

関連記事:

ピックアップ

銀座の“もう一口食べたくなる”焼肉とは?最上牛焼肉Coco Nemaru Ginzaを実食レポート
【サステイナブルSTORY】KURKKU FIELDSのCHARCUTERIEの岡田修シェフが語る。害獣のジビエをおいしく食べて、捨てるを減らす
ラグジュアリー石焼き芋も。秋味アフタヌーンティービュッフェ「オータム・スイーツ・コレクション」ザ・リッツ・カールトン大阪
ローカルが溺愛するソウルフード!「盛岡三大麺」を訪ねる夏の岩手旅/岩手県・盛岡市