「初めまして」から遠慮しない!同居の義母と良い関係を築くためのコツ

「初めまして」から遠慮しない!同居の義母と良い関係を築くためのコツ

この記事では、「初めまして」から義母に遠慮しない、譲れないことは妥協しないなど、同居中の義母と適度な距離感で付き合うためにママが心がけていることを紹介しています。

いつの時代も存在する嫁姑問題。義父母と離れているがゆえの礼儀やあいさつ、同居しているがゆえの距離感や価値観の相違など、多くの問題があります。今回は、義父母と同居している私の体験から、適度な距離感で付き合うために私が心がけていることを紹介します。

1.「初めまして」から義母に遠慮しない!

長い付き合いをしていくためには、少しの遠慮と適度な主張が必要だと思います。はじめから義母に合わせすぎると、同居してからつらくなることも。私の場合、結婚のあいさつのときには同居が決まっていたので、自分の考え方を事前に話しておきました。


同じ女同士なので理解できるところもありますが、合わないところはとことん合いません。そのため、無理に合わせるのではなく、共感するところは共感し、理解できないところは気にしないようにしています。

2.譲れないことは妥協しない!

義母とぶつかったときにジャッジを求められるのは、わが家では夫と子どもです。私が義母とよくぶつかっていたのは、子育てについて。孫に甘い義母をどう止めるか、本当に苦労しました。何度かぶつかり合い、子育てについて義母は口出しをしないと家族会議をして決めました。


妻として、そして母親として譲れないものは、きちんとルールを決めることで干渉するラインを明確にすることができました。

関連記事:

ピックアップ

「え、可愛すぎかよ…」娘が去った部屋を見て、胸がギュッと熱くなる話 #ニシカタ体験談 83
「どんな先生…?」ドキドキ!ついに大学病院へ!/40代婦人科トラブル#18
【マクドナルド】期間限定で爆安!SNSで話題の特盛りナゲットと新ソースは?!
「妊娠は病気ではない」の本当の意味。職場の上司からかけられた言葉とは…