【日本初上陸】台湾で人気の白タピオカが青山に!「Milksha」が新オープン

【日本初上陸】台湾で人気の白タピオカが青山に!「Milksha」が新オープン

台湾で人気のドリンクブランド「Milksha(ミルクシャ)」が2019年10月11日(金)に日本第1号店を青山でオープン。もちもちとしたまるで真珠のような自家製"白タピオカ"が特徴。一度飲んだら忘れられないプレミアムなタピオカ体験はいかが?

台湾のスタイルと味をそのまま再現した「タピオカミルクティー」に出会える

台湾産の原料を使うことに強いこだわりを持ち、自社牧場で搾った濃厚なミルクをはじめとした高品質な原材料で、添加物・着色料・防腐剤を使用しない自家製”白タピオカ”や厳選された茶葉を使用するなど、こだわりあるドリンクメニューが楽しめるドリンクスタンド。

日本の店舗では、台湾の自社牧場とテイストの近い牧場から仕入れた国産生乳100%の濃厚でフレッシュなミルクを使用している。自家製のタピオカはもちろん、台中の大甲で栽培されている上質なタロイモも、台湾と同じ味を楽しめるようにコストと手間を惜しまず、品質への信念を持って提供してくれる。台湾のスタイルと味をそのままに再現した「タピオカミルクティー」を、ぜひ試してみて。

他のタピオカとここが違う!こだわりぬいた素材と製造方法

Milkshaで提供しているのは、真珠のような美しい”白タピオカ”。このタピオカの大きな特徴は、着色料や防腐剤を一切使用していないということ。タピオカは保存期間が短いため防腐剤を使用することが多く、防腐剤の匂いや味を消すために香料や着色料を使用するんだとか。一方Milkshaでは保存期間は通常より短くなるものの、健康や安全を考え、着色料や防腐剤を一切使用しない白タピオカにこだわっている。

また、乾燥・冷凍させ全店舗に供給後、店舗で三温糖・蜂蜜に漬け、優しい甘みを引き出すように調理を行っているそう。通常、冷凍してしまうと固くなってしまうタピオカだが、独自のキャッサバ粉と調理方法により、やわらかくもちもちとしたタピオカの食感を楽しめる。

関連記事:

ピックアップ

楽園のような幻の浜を映す。サンゴ釉の美しい器/鹿児島県・与論町「ゆんぬ・あーどぅる焼」
おいしくSDGs!人や地球にやさしい、東京のヴィーガンレストラン8選!ベジタリアン対応も【サステナブルチャレンジ】
年に1度のいちごフェスが今年も開催!ヒルトン東京のスイーツビュッフェ「ストロベリー・ブーケトス」
湘南でクラフトビールを造るブルーパブへ_MEETS SAKEBITO Vol.11