バセドウ病に苦んでいた私…子どもたちがくれた思いがけない優しさ

バセドウ病に苦んでいた私…子どもたちがくれた思いがけない優しさ

この記事では、甲状腺の値が異常に高い、バセドウ病を患ったママの体験談を紹介しています。動悸がひどく、気持ちも沈んで寝込む状態が半年以上続き、家事はもちろん子どもたちのお世話もまったくできなくなってしまったママ。そんなママに子どもたちがくれたものとは……?

みなさんは、寝込んでしまったことはありますか? 私は甲状腺の病気になり、半年以上まともに子どもたちのお世話ができませんでした。つらい思いをした、そのときの体験をお伝えしたいと思います。

甲状腺の病気で家事も育児も困難に

あるときから何をしても気持ちが晴れず、倦怠感が抜けない日々が続きました。数カ月後にはひどい動悸が始まり、足の先から頭の先まで脈打つのを感じ、不眠症になりました。


生理も数カ月止まっていたこともあって、若年性更年期障害だと思い、産婦人科を受診。数値は正常範囲内でした。そこで循環器内科をすすめられ受診すると、甲状腺の値が異常に高いことを指摘されました。病名は、バセドウ病。家事も育児も困難になりました。

子どもたちが気づかってくれた

投薬での治療が始まりましたが、効果はすぐには現れません。自分のことをするのが精一杯で、子どもたちのこともすべてパパや私の両親任せになりました。


パパや私の両親もわからないことだらけで困惑していましたし、子どもたちは理解できず、しばらくはいつも通り甘えたり、わがままを言ったり……。


しかしだんだんと状況がわかってきたのか、家のことを手伝ってくれたり、「私たちは大丈夫。ママは寝てていいよ」と言ってくれるようになりました。家族の支えを、とてもありがたく感じました。

関連記事:

ピックアップ

「私の手には負えん」彼は恋愛対象に…なるの?/相席施設で運命の人
保育園のお昼寝布団選びに苦戦…!理想的な敷布団を見つけて大満足♪【ママの体験談】
「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17
「やっちゃったー!」お泊まりデート中のハプニング!彼が寝ている間に…