保育士が教える!後片付けがラクになる離乳食の食べさせ方【ラクに楽しく♪特集】

保育士が教える!後片付けがラクになる離乳食の食べさせ方【ラクに楽しく♪特集】

保育士の中田馨さんが、後片付けがラクになる離乳食の食べさせ方についてお話ししてくれました。メニューを見直してみる、食べさせ方を工夫してみるなど、まとめて解説!

2. 食べさせ方を工夫してみる

次に、食べさせ方を工夫してみましょう。メニューすべてを赤ちゃんの手の届くところに置くと、赤ちゃんのいろいろ確認したい気持ちが高まります。ですので、まずは赤ちゃんの手の届くところには手づかみメニューだけを準備しましょう。


例えば、おかゆ、汁物、野菜の煮物、焼き鮭のメニューだったら、赤ちゃんには焼き鮭を目の前におき、手づかみで食べるのは焼き鮭に限定します。そして、おかゆや汁物、煮物などの水分の多いメニューはママが食べさせましょう。もし、焼き鮭がなくなったら、汁物、煮物も具材だけを別皿においてあげると、手づかみで食べやすくなります。

3. 便利な離乳食グッズを使ってみる

便利な離乳食グッズを使ってみましょう。例えば、袖つきのエプロンを使うと、服が汚れにくくなります。ポケット付きのエプロンにすると、食べこぼしをキャッチしてくれます。プラスティック製のポケット付きエプロンは、食べこぼしのキャッチ力が優秀ですので、お家に1つあるとかなり重宝します。わが家はこのエプロンにかなり助けられました。外出時は持ち運びやすい紙エプロンが重宝します。


また、手づかみ食べをするときに手が器に当たってひっくり返すことがあります。それを防止するためには、器の裏に滑り止めがついているものを選んだり、シリコン製のシートをテーブルと器の間に敷くといいでしょう。

関連記事:

ピックアップ

嫁にセクハラを働いた実の父を警察に突き出すかどうか。夫の決断は #セクハラ義父 最終話
「気づかなくてごめんね…」あまり食べない生後9カ月の娘。離乳食が嫌いかと思ったら…
「結婚するなら仕事は…」彼とすれ違いかけたそのとき、背中を押したのは!?
「軽くてよかったじゃん」つわり中にかけられ、人知れず傷ついた言葉 #出産レポ描くってよ 4