「宗家 源 吉兆庵 銀座本店」が銀座に移転オープン。果実をテーマにしたカフェレストランも!

「宗家 源 吉兆庵 銀座本店」が銀座に移転オープン。果実をテーマにしたカフェレストランも!

創作和菓子の「宗家 源 吉兆庵 銀座本店」が、2019年10月3日(木)に移転オープン。1階の店舗では、和菓子を販売。また、2階から5階のカフェレストラン「K.MINAMOTO」は10月19日(土)にオープン。すべてに果実を使ったカフェメニューを提供する。

柿も栗も!旬の果実を使った創作和菓子で季節を味わう

「粋甘粛」(1個584円、4個入2484円、6個入3672円、8個入5184円(木箱)、12個入7992円(木箱、風呂敷付き) ※販売期間:9月上旬~3月下旬)

1階の店舗で販売される和菓子は、自社の農園をはじめ、国産の新鮮な果実にこだわって作られたものばかり。果実の旬を大切にした代表菓子の「自然シリーズ」では、秋にふさわしい柿と栗をテーマにした2品に注目を。

国産の干柿をまるごとひとつ使ったお菓子「粋甘粛(すいかんしゅく)」(1 個584円、販売期間:9月上旬~3月下旬)は、口どけのよい白あんが自然の甘さを引き立てる1品。

「御前栗(ごぜんぐり)」(1個378円、販売期間:9月下旬~12月下旬)は、じっくり甘炊きしたひと粒栗をとじこめた栗あんと、さらりと栗そぼろに仕立てた栗あんという2種類の栗あんがポイント。

このほかにも、定番菓子や季節の菓子などが豊富に揃う。季節を感じる銀座土産として、チェックして。

「御前栗」(1個378円、6個入2376円、8個入3240円、12個入4860円、16個入6480 円 販売期間:9月下旬~12月下旬) 

「宗家 源 吉兆庵 銀座本店」が入る新本社ビル「THE HOUSE」は、内装と外装に和紙デザイナー・堀木エリ子さんの和紙アートワークを採用。縁起のよい吉祥文様をモチーフにして、木や花など自然をイメージしたデザインで、建物全体に暖かみと力強さを与えている。

外観は、輪が連鎖しながら広がってゆく吉祥の「輪違い柄」を用いて、エネルギーが交差するような立体感を演出。1階の通路にも「輪違い柄」を使い、ご縁や良いできごとが広がるようにとの願いを表現している。内壁は、古来から伝わる「白透かし」という紙漉き技術で、淡い色調が柔らかい曲線となって大らかに流れるデザイン。

さらに、良い兆しが湧き上がるという意味を持つ「立涌(たちわき)柄」をアレンジした曲線も採用されている。吉祥文様がいっぱいの建物は、足を運ぶだけでも運気が上がりそう。

カフェではすべてに果実を使ったこだわりメニューを提供

「秋の果実のミルフィーユ」単品1760円、ドリンクセット2090円(ドリンクセットは+330円、コーヒーか紅茶)

新本社ビル「THE HOUSE」の2階から5階にかけては、「宗家 源 吉兆庵」の運営するカフェレストラン「K.MINAMOTO」が、10月19日(土)にオープン。コンセプトは「ギンザ ハレフルーツ」で、“ささやかなハレの日の楽しみ”としてギンザで果実を楽しむ贅沢を提案する。

「果実より果実らしいひと皿」をめざして、すべてのメニューに果実を使っているのが大きな特長になっている。国産の果実を中心に、果実の味を大切にしたシンプルな調理で、盛り付けにもこだわったメニューは見た目にも美しい。

この季節は、さっくり軽い食感のパイとカスタードクリームが絶妙な「秋の果実のミルフィーユ」(単品1760円、ドリンクセット2090円)や、しっかりめのプリンに焦がしキャラメルソースが香ばしい「秋の果実のプリンアラモード」(単品1760円、ドリンクセット2090円)など、秋の果実をたっぷり使った1品がおすすめ。

関連記事:

ピックアップ

ピエール・エルメの初夏アフタヌーンティーは、レモンや柑橘で甘酸っぱく。ザ・リッツ・カールトン京都
スターバックスのサマーシーズン第2弾はまるで完熟したメロン!「The メロン of メロン フラペチーノ(R)」が新登場
コーヒーの街・福岡のローカルタウンで出会った、日常のカフェ~HELLO,COFFEE TOWN~/福岡県・大野城市
人気アイドルグループNMB48のメンバーに聞く!“ワタシの推し活”【推しに推しを聞いてみた】