ヘアトラブルの多い秋。きれいな髪を取り戻すために基本のケアを見直し!

ヘアトラブルの多い秋。きれいな髪を取り戻すために基本のケアを見直し!

メイクや肌の状態などを気にしがちだけど、ヘアスタイルや髪の毛のツヤなども、見た目年齢や印象を左右する大きな要素。特に秋は、夏の間に浴びてしまった紫外線の影響で、髪が痛んだりキレ毛などのトラブルが出てしまう人も多い季節です。そこで、ツヤツヤした健康的な髪の毛をキープするために、やっておきたいこととは? 今さら聞けない基本のケア方法を、ヘアサロンVLISSの人気スタイリスト・櫻井健太さんに伺った。

夏の紫外線は、髪にもダメージを与えている!?退色したヘアカラーにも注意してケアを

毎日、なんとなく洗って乾かして…という繰り返しをしてしまいがちなヘアケア。でも、同じケアをしているはずなのに、最近髪が傷んで見える、切れ毛が増えてきた…など、トラブルを起こしやすくなっている人も多いのでは?

「夏に紫外線をたくさん浴びてしまった人は、乾燥や切れやすくなる、表面のザラつき、ツヤがなくなるなどさまざまな症状が起こります。髪の毛の主成分であるケラチンがダメージを受けてしまうためです。そのため、カラーの色落ちも早くなってしまうことも。これは紫外線が、メラニン色素を分解してしまって、色が変わってしまうためです」と櫻井さん。
退色した髪は、より傷んで見えてしまうことも多いため、これから紹介する基本のケアを見直して髪の痛みをケアしながら、新しく生えてくる髪も大切にしたい。「また、髪に静電気も起こりやすくなります。これには髪を保湿してあげることが大切です。トリートメントのほかヘアオイルなども、この時期欠かさないようにしたほうがいいですね」(櫻井さん)。

実は間違っている人も多い基本のヘアケア。正しい洗い方と乾かし方とは?

では、知っているようで知らない、正しいケアとは?
「まず洗いかたですが、爪は決してたてずに、指の腹で洗うこと。爪を立てて、ゴシゴシ洗っている人が多いのですが、頭皮を傷めてしまい、荒れてしまいます。指の腹で、優しくマッサージするようなイメージで、シャンプー剤をよく泡立てて洗ってください」と櫻井さん。忙しいからと、乱暴にガシガシ洗っている人は要注意だ。

「また、乾かすときには、根元から最初に乾かし、それから中間部分、毛先へというイメージをもって、しっかり乾かしていきましょう。根元を意識していないと、毛先ばかりが乾いてしまい、根元が半乾きのまま、という人も多いのです。毛先のオーバードライは傷みを促進することになりますし、根元がきちんと乾いていないと、雑菌が繁殖する原因にもなります」(櫻井さん)。髪がうねってしまってスタイリングが決まらない人は、根元を十分に乾かしていないことが原因のことも多いそう。頭皮を傷つけないようにやさしく洗って、しっかり根元を乾かすことを、基本としておさえておきたい。

関連記事:

ピックアップ

ピエール・エルメの初夏アフタヌーンティーは、レモンや柑橘で甘酸っぱく。ザ・リッツ・カールトン京都
スターバックスのサマーシーズン第2弾はまるで完熟したメロン!「The メロン of メロン フラペチーノ(R)」が新登場
コーヒーの街・福岡のローカルタウンで出会った、日常のカフェ~HELLO,COFFEE TOWN~/福岡県・大野城市
人気アイドルグループNMB48のメンバーに聞く!“ワタシの推し活”【推しに推しを聞いてみた】