【シェフ考案ごちそうおにぎり】フレンチレストラン「ARGO」の贅沢おにぎり

【シェフ考案ごちそうおにぎり】フレンチレストラン「ARGO」の贅沢おにぎり

和食といえばやっぱりおにぎり。SNSでは見た目にも華やかな“ごちそうおにぎり”が大人気。今回は、半蔵門にあるフレンチレストラン「ARGO」の総料理長・田坂嘉隆さんが作る本気のごちそうおにぎりをご紹介します。家庭でもできるアレンジレシピも考えていただいたので、ぜひ自宅でも作って楽しんで。

“ごちそうおにぎり”の名前にふさわしい、世界三大珍味のおにぎり

田坂嘉隆さん
和食中心の家庭に育ったことからパン食に憧れ、フランス料理の道へ。数々のフレンチの名店で研鑽を積み、ARGO総料理長に。「料理人を目指した当初は、まさか自分がこんな素敵な場所にあるレストランを任されるとは思ってもみませんでした」とお茶目な表情を見せる。

皇居やお堀を望むダイニングで、寛ぎながらフランス料理がいただける「ARGO」は、記念日などとっておきの日に訪れたいレストラン。今回、総料理長の田坂嘉隆さんが作ったのは、キャビア、フォアグラ、トリュフの世界三大珍味を使ったなんとも贅沢な「フォアグラの焼きおにぎり」。
トリュフと塩水ウニを混ぜ込んだごはんの中心に大きなフォアグラのコンフィを入れてにぎり、スペシャリテでもあるパイ生地で巻いてオーブンで焼きあげた。キャビアたっぷりのソースをつけて頬張れば、トリュフの豊かな香り、ウニやフォアグラの濃厚な味わい、バター香るパイ生地のサクサクとした食感、キャビアのプチプチ感…とそれぞれが口の中でとけ合ってリッチな気分に。

田坂シェフのコメント

子どもの頃から、白米よりも混ぜごはんや炊き込みごはんが好きなんです。テリーヌのようにしようかなど色々考えたんですが、フランス料理に欠かせない“ごちそう素材”を全部入れてしまいました。ご家庭で作るときは、瓶詰めのウニや、缶詰のフォアグラなどを活用すると、いつもとひと味違うおにぎりになりますよ。

【おうちでつくろう】ARGO特製 春巻き風揚げおにぎり

家庭で三大珍味を揃えるのは難しいけれど、手に入りやすい瓶詰め、缶詰でも贅沢な味わいに。春巻きの皮で巻いてカラッと揚げることで食べやすくなり、お弁当や持ち寄りパーティにもぴったり。トリュフ塩やトリュフオイルは、少量でトリュフの香りが楽しめるので、余ったら普段の料理に取り入れるのもおすすめ。

作り方

1.きのこはオリーブオイルでソテーし、細かく刻んでおく。
2.ごはんに1のきのことカットしたフォアグラ(もしくはレバームース)、練りウニを混ぜ合わせ、塩で味をととのえる。
3.2のごはんを2等分にし、春巻きの皮に長さを合わせて筒状ににぎる。ラップで包み、冷蔵庫で30分以上休ませる。
4.ソースを作る。マヨネーズと牛乳を混ぜ合わせ、イクラを加えて軽く混ぜておく。
5.春巻きの皮でごはんを巻き、180℃の油できつね色になるまでしっかり揚げる。
6.皿に海苔を敷き、斜め半分に切った春巻きを乗せてソースをかける。

<材料(2名・4個分)>
お米 (炊いた状態で)180g
練りウニ35g
お好みのきのこ(マイタケやシメジなど) 15g
フォアグラまたはレバームースの缶詰 30g
春巻きの皮(大判) 2枚
オリーブオイル 適量
トリュフオイルまたはトリュフ塩(あれば) 少々
※なければ通常の塩でもOK
板海苔 1/2枚(半分に切る)
(ソース)
マヨネーズ 40g
牛乳 20cc
イクラ 16g

関連記事:

ピックアップ

ピエール・エルメの初夏アフタヌーンティーは、レモンや柑橘で甘酸っぱく。ザ・リッツ・カールトン京都
スターバックスのサマーシーズン第2弾はまるで完熟したメロン!「The メロン of メロン フラペチーノ(R)」が新登場
コーヒーの街・福岡のローカルタウンで出会った、日常のカフェ~HELLO,COFFEE TOWN~/福岡県・大野城市
人気アイドルグループNMB48のメンバーに聞く!“ワタシの推し活”【推しに推しを聞いてみた】