周りが羨ましい、授乳室に行きたくない…陥没乳頭でうまく授乳できなくて

周りが羨ましい、授乳室に行きたくない…陥没乳頭でうまく授乳できなくて

みんながみんな当たり前に授乳できないということをご存知ですか? 母乳が出ても、赤ちゃんが飲むことができない、そんなこともあるのです。

赤ちゃんは生まれたら当たり前におっぱいを飲むものだと思っていた私。しかし、実際には陥没乳頭のため赤ちゃんが乳首をくわえられず、その事実にとてもショックを受けて落ち込みました。

授乳するまで知らなかった

乳首の形状がさまざまあるのは知っていましたが、自分の乳首の形が陥没乳頭であり、それが原因で赤ちゃんがくわえづらいということは、出産して授乳をしてみるまでまったく知りませんでした。


母親学級では、乳首の伸びがよくなるようにマッサージをするよう指導は受けましたが、形を見てもらうことはなかったからです。指導の通りに、おなかが張らない限り出産まで自分で乳首のマッサージをしていました。

授乳室でみじめな気持ちに

お世話になった病院では授乳室というものがあり、初産のママが決められた授乳時間ごとに集まり、助産師さんが指導をしてくれる環境で、赤ちゃんに授乳をするスタイルでした。


まず乳首をマッサージして授乳を試みますが、おなかを空かせているのに乳首がわからない赤ちゃんは暴れてくわえてくれず、助産師さんにすすめられて使用したニップルシールドは取れやすく、うまく授乳ができないことにとても焦りました。


助産師さんも忙しそうで、「とにかく頑張ってみて!」というアドバイスのみで、どうしたら良いのかわからず、母乳の出が悪いわけではないのに飲ませることができず、授乳ができている他の母子の姿が羨ましく、だんだんと授乳室に行くことがつらくなっていました。

関連記事:

ピックアップ

「保育園なんて育児放棄だわ」義母がひどい…娘の病気や人見知りはママが働くせいと言われて【体験談】
お友だちのおもちゃを取ってしまった… 親はどう声かけするべき?
「もうやる気出ないや…」料理するのは妻の義務!?【惣菜なんか買ってくるなと言われた話3】
【2人目計画】長女の成長を見逃したくない!わが家では4学年差がベストでした