「和食=ヘルシー」って本当?身近すぎて見過ごしがちな和食の健康効果とは

「和食=ヘルシー」って本当?身近すぎて見過ごしがちな和食の健康効果とは

11月24日は「和食の日」。一人ひとりが「和食」文化について認識を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけとなるよう制定されたそう。世界でも「ヘルシーな食事」というイメージを持たれている和食だけど、実は漠然と「ヘルシーそう」というイメージしかもっていない人も多いのでは? 身近すぎて見過ごしがちな和食のよさ、そしてどのように食べると健康や美容にいいのか?管理栄養士の米倉れい子さんに伺った。

私たちの食卓に日々並ぶ「和食」は食事の“バランス”が秀逸!


「和食は健康にいい」とよく言われるけれど、なぜそうなのか、実はよく知らない人も多いのでは?
「日本人が毎日食べている和食は、一汁三菜を基本とした主食、主菜、副菜がそろったスタイルで、食事全体としてのバランスがいいのです。主食は炭水化物など体と脳のエネルギー源となるもの、主菜は体を作るもので肉や大豆、魚などのたんぱく質などが中心。副菜は、体の働きを整えるビタミンやミネラル、食物繊維を多く含んでいます。ご飯を中心として、3つの要素をとるこの食事のスタイルが、健康的に暮らすために実は大切と考えられています(※)」と米倉さん。栄養学に詳しくなくても、3つの要素を意識して取り入れることで、栄養のバランスが自然と整いやすい、というのは大きなメリットと言えそう。

偏った食品だけを食べるダイエットの危険性は、かなり浸透し、知っている人も多くなっているはず。健康のために必要なことは、必要な栄養素を無理なく偏りなくとること。身近すぎて見過ごしがちだけど、日本の伝統的な食事スタイルは、栄養学的にも利にかなっているよう。
※農林水産省「日本型食生活」のススメによる


「だし」を使って、おいしく減塩。発酵食品も手軽に毎日の食生活で活用


和食のもうひとつの特徴は「だし」。「だし汁をうまく使うことで、塩分の摂りすぎを防ぐ効果もあります。上手に使うことで、おいしくなるだけでなく、家族全体の健康管理にも役立ちますね。また、昆布や椎茸などの乾物は、干すことでビタミンDも増し、おいしさと栄養も楽しめます」と米倉さん。切干大根もおすすめなんだとか。水に戻しておいてそのまま味噌汁にすると、いいだしが出て味噌の量を減らせるそう。

「味噌汁に使う味噌や醤油などの調味料、漬物や納豆などの発酵食品も手軽に使える和食の1品ですね。漬物などは日持ちもするので、自分で漬けることができなくても、スーパーやコンビニなどで買って常備しておくのもおすすめです」(米倉さん)。難しく考えず、和食ならではの素材を、もう一度見直してみては?


関連記事:

ピックアップ

【東京・横浜】食事と合わせて味わう「日本のシードルを飲める店」
【埼玉・長瀞(秩父郡)】長瀞 古沢園
【スマホでもっとスマートライフ入門】サブスク課金に注意!スマホアプリ整理術
【かき氷】老舗和菓子店が作る、“崖”のようなかき氷!目白「志むら」のインパクト大な“断崖絶壁風”かき氷