「和食=ヘルシー」って本当?身近すぎて見過ごしがちな和食の健康効果とは

「和食=ヘルシー」って本当?身近すぎて見過ごしがちな和食の健康効果とは

11月24日は「和食の日」。一人ひとりが「和食」文化について認識を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけとなるよう制定されたそう。世界でも「ヘルシーな食事」というイメージを持たれている和食だけど、実は漠然と「ヘルシーそう」というイメージしかもっていない人も多いのでは? 身近すぎて見過ごしがちな和食のよさ、そしてどのように食べると健康や美容にいいのか?管理栄養士の米倉れい子さんに伺った。

旬の食材は栄養価も高い!「食事しよう」という気持ちの切り替えも実は大切


ほかにも、日々の生活に取り入れられることは?
「和食は季節感を大切にしますよね。旬のもの、その季節の野菜や魚などは、おいしいだけでなく、栄養価も高いと言われています。料理するのが難しい人も、外食のときに、旬の食材を選ぶようにするなどしてみては?」(米倉さん)。特にこれからの時期、秋から冬にかけては、脂がよくのっている魚も多いので、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸の摂取も期待できそう。新米やキノコなども出てくるので、より和食を食べたくなりそうだ。

「また、食事のときにはランチョンマットを使ってみるのもおすすめです。たとえコンビニで買ってきた食事だとしても、PCのまえでそのまま片手で食べるのではなく、ランチョンマットだけでも敷いて食べる。『食事しよう』という気持ちの切り替えができます」と米倉さん。毎回はできなくても、できるときには食事をしっかり味わう、メリハリをつける気持ちは、心に留めておきたい。

「食事には『これが正解』というものはありません。嫌いなものや口に合わないものを食べても続きませんよね。また、健康を意識したい場合、自分なりに無理なく、長く続けられる食事スタイルを持つことが大切です。和食を中心とした食卓で、楽しく、おいしく、バランスよく食べる。自分なりに実践できる形を見つけたいですね」(米倉さん)。

教えてくれた人

米倉れい子さん

株式会社 食STORY代表。管理栄養士。スポーツ選手や運動愛好家、ビジネスパーソンなどを中心に、スポーツと食を絡めた日々の体調管理やパフォーマンスの向上、健康的な食生活の実践方法などを紹介。また、2008年から約10年間、厚生労働省において栄養・食生活に関する施策の企画立案や推進を担当した経験を踏まえ、現在は、食品企業等を中心に、栄養成分表示の作成支援にも力を入れている。

関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

RMK(アールエムケー)のクリスマス限定コスメ2021!「プリズム」がテーマのコレクションはパーティシーズンにぴったり
LUNASOL(ルナソル)のクリスマス限定コスメ2021!甘く、濃密なスイーツを表現したコレクションが登場
おうち飲みをもっと楽しく!カラフルで映える調理家電とビールに合うお料理3選
ポムポムプリンの新しいおでかけ日記 vol.9「誕生日」