ハナマルキのみそ作り体験を横浜で。世界にひとつ、自分だけのみそを作るワークショップ開催

ハナマルキのみそ作り体験を横浜で。世界にひとつ、自分だけのみそを作るワークショップ開催

信州味噌で有名なハナマルキの「みそ作り体験館」は、みそ作り体験ができる人気のスポット。こちらのオープン1周年を記念して、長野から横浜の「アソビル」に会場を移して出張ワークショップを開催することが決定。2020年1月に開催されるこのみそ作りを体験。

食べられるのは約3カ月後。世界でひとつだけのみそが届く

空気を抜きながら容器に詰めて、重石を乗せたらこの会場での作業は終了。みその名前を自分で考えてラベルを貼ると愛情がわいてきます。みそは長野に運ばれて、きちんと温度や湿度が管理された部屋で熟成したら、約3カ月後に自宅に届く予定。仕上がりは約2㎏、これは1年間に1人が消費する平均的な量だそう。自分で作ったみそなら積極的に使ってみたくなります。

こんなにシンプルな材料で、何カ月も保存できるおいしい調味料に変身するなんて、本当に不思議。全く同じ材料を使って同じ場所で作っても、一つひとつ違う仕上がりになるのだとか。「こねるときにどれだけ愛情を込めるかで、ぜんぜん味が変わってくるんです」と大真面目に小林さん。しかも小さい量で仕込んだ方がおいしいそうで、店頭でも小分け製法のものは高級品なのだとか。

栄養素たっぷり。おいしくて健康的なみその活用法

「みそは発酵することによって、アミノ酸やビタミンなど大量の栄養素が生成されるので、その健康効果も注目されています。みそ汁の塩分は決して多くないのですが、気になる方はカリウムを多く含むジャガイモなどの根菜を具にすると、ナトリウムを排出してくれるのでおすすめです。長野の郷土料理で鉄火みそと呼ばれるナスのみそ炒めもおいしいのでぜひ作ってみてください」と小林さん。
みそは常に酵母が生きていて熟成が進むので、できたてよりも時間が経った方が味と香りの深みが増すのだそう。味の変化も楽しみながら、ゆっくり大切に味わっていきたいと思います。

関連記事:

ピックアップ

バレンタインに“口福”感じるチョコレートスイーツ。RITUEL CAFE「ショコラ アフタヌーンティーセット」
みんなが“笑顔”になれる【西武池袋本店】バレンタインフェア催事情報2022
おうちスイーツも大充実!ワクワク感が止まらない【大丸東京店】バレンタインフェア情報2022
スターバックスからバレンタイン限定フードが登場。チョコレートを味わい尽くす「チョコレートフルケーキ」など